2012年02月15日

娘が受験生になって思う、子連れ旅行の新たな意義

Blogをご覧いただいております皆様、これが年明け初の書き込みであることに大変恐縮しております。申し訳ありません!!遅ればせながら、明けましておめでとうございます…m(_ _;)m

最近は当Blogの右側にも貼り付けておりますが、子連れで楽しめるイベントや最新情報など、随時Facebookページを利用して掲載しております。なんでもかんでも載せるのではなく、この内容なら自分も行ってみたい、と思うものだけを厳選してご紹介していますので、ご興味を持っていただけましたら、ぜひ「いいね!」していっていただければ幸いです。

Travel with kids (家族旅行・子連れ旅行アドバイザー 小暮祥子)

さて、実はうちの長女はついに次年度6年生に。受験するの?と聞かれることも多いのですが、公立の受験はさせてみようかな、と。というわけで、この2月から彼女も一応受験生ということになりました。

彼女の通う塾は、大手の進学塾に比べると拘束時間?も少ないし短いためか、「楽しい」とか言って通ってくれているのでいいのですが、これから1年は週末もいろいろ予定が入ってしまいそうなのでプライベートでの家族旅行は先々まで計画的に予定しないと難しそう。それだけがちょっと残念です。

でも、実は彼女がそういう状態になって初めて気づくこともあります。
もっと行っておけばよかったと思う場所がなんと多い事か。特に社会に関して。歴史や地理を学ぶ中で、遺跡や城跡、神社仏閣、他にも歴史上重要な役割を果たしてきた港や街、いろいろなものを資料を見ながら学んでいますが、行っておけばよかったと思う場所が多々あります。やはり一度行ったことのある場所って、子供ながらに記憶にあって、興味の持ち方も違うようです。

子供が幼いと、そんなところに行っても喜ばないのでは?などと思うことも多いのですが、こういった場所に直接行けるのは6年生になってからでは時間がなさすぎます。5年生までの間に、まだ幼い子供たちが楽しみながら記憶に残る学びの旅ができると良いなぁ、などと思う母なのでした。

なんて考えだすと、このシリーズでプランいろいろ考えられそうです。
20120215.jpg
2月はこの手の広告がいっぱい届きますね(苦笑)


posted by こぐれっち at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

星野リソート リゾナーレ熱海オープン(取材裏話)

先日2011年12月21日、熱海に「星野リゾート リゾナーレ熱海」がオープンしました。当日のプレス発表会に参加し、さっそく「オールアバウト」にご紹介記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。⇒All About「家族旅行・子連れ旅行」:星野リゾート リゾナーレ熱海、オープン!

「リゾナーレ」としては小淵沢に続く2つ目の施設です。大人のためのファミリーリゾート「リゾナーレ」としてのブランドカラーに、地元である伊豆・熱海のテイストをバランスよく融合させている施設となっており、星野リゾートらしい子供も大人も楽しめるしかけが魅力的です。

詳細は記事を見てくださいね。

というわけで、こちらのBlogでは、プレス発表会で撮影した写真で様子をお伝えしま~す。(暗い写真が多くてごめんなさい)
続きを読む
posted by こぐれっち at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

スキーをする場所から滞在を楽しむ場所へ(星野リゾート)【前】

10月21日、「スノータウンYeti」(静岡)が日本一早くゲレンデオープンしました。いよいよスキーシーズン到来ですねぇ♪……とはいっても、全国的に多くはやはり12月オープンなので、私も今はまだ引き続き今シーズンの情報収集中です。

そんな中、先日、「星野リゾート」のスノーリゾートについての記者発表会に出席させていただきました。アルツ磐梯と裏磐梯猫魔スキー場もそれぞれ12月にオープンが決定しています。福島では10月1日には「スパリゾート ハワイアンズ」が営業再開したことでいわき全体に活気が戻ってきているように、冬はこれらのスノーリゾートがオープンすることで磐梯エリアの活気が取り戻されることが期待されます。

20111027top.jpg


星野リゾートの今年のテーマは「スキーをする場所から 滞在を楽しめる場所へ」ということで、スキー上級者はもちろん、これからスキーを始める人も、そしてスキーをしない人でも楽しめるスノーリゾートを追求し、サービスを進化させています。

とはいえ、すべてが同じではなく、それぞれのリゾートが持ち味を生かした個性的な展開をしていますので簡単にご紹介します。

≪リゾナーレ≫
首都圏から車や電車で約2時間、お手軽・気楽にスキーリゾートを体験できる「リゾナーレ」(山梨県・八ヶ岳)のテーマは“パーフェクトスノーデビュー”。ホテル自体はスキー場から少し離れていますが無料送迎バスがあるのでゲレンデ(富士見パノラマスキー場・富士見高原スキー場)までのアクセスはラクラク。そして何よりレンタルが無料なので、ウェアもギアも持参不要、手ぶらで行けちゃうというのがうれしい!しかもウェアはかわいいブランドもの。子供だけでなく、大人のウェアも欧州の人気ブランドのものが揃っています。今冬はピーマン通りに新たにスノーリゾートタウンが出現し、アフタースキーを楽しめる場になるようです。スキーの後の一杯ってやたらと美味しいので、この辺も個人的にかなり興味あり!(笑)

ファミリーにとってはちょっと余談になりますが、「雪ガールの冬旅」をテーマにした、スキーで女子会、の発想からもプラン造成されており、“月光浴スノーシュー”や“天空の雪原カフェ”など、スキーをしなくても、女子だけでも冬のアウトドアデビューを楽しめるものなど、なかなか面白い話も聞けました。

私からの冬のリゾナーレのおすすめポイントは……

続きを読む
posted by こぐれっち at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

『週刊アスキー』11月1日号(10月18日発売)の中で“首都圏近郊 オススメ牧場体験BEST5”を紹介

現在発売中(10月18日発売)の『週刊アスキー』11月1日号の中で“首都圏近郊 オススメ牧場体験BEST5”をご紹介しています。
20111020.jpg
一瞬、あれ?間違えた?と表紙を見て思ってしまったのですが(笑)いつも表紙ってタレントさんですよね?なんで今回この表紙なんだろう…、という疑問はさておき……

牧場体験って牧場ならではのものと、最近ではその広さを利用したダイナミックなアクティビティが体験できるもの、子供の職業体験的なものなど、それぞれ個性的な展開がされています。BEST5ということで、スポット的には少ししかご紹介できていませんが、視点を参考にしていただいて身近な牧場でも調べてみていただけたらと思います。

ちなみに今回、変わり種なところで何かないかな、と思い出していた時に、あ、ラクダライドができたのどこだっけ?と思ったのですが、あれは「那須どうぶつ王国」さんでした。王国タウンと王国ファームとエリアが分かれているのでファームの方を牧場とみなすか悩んだのですが、今回は誤解なきようにとランク外に。ラクダライドって私が知る限り国内ではここと鳥取砂丘ぐらいかなと思うのですが?他でもできます?

最近はアルパカもよく見かけますね。我が家でも子供たちが大好きです。

観光牧場情報を掲載したサイトはいろいろ出ていますが、個人的にはこのページが子連れには便利かなと思いますので参考まで…。
子供と観光牧場(BIGLOBE旅行)

週刊アスキーPLUS

posted by こぐれっち at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

3連休最終日は、ほんのり紅葉しはじめた高尾山へ

10月の3連休最終日は、0歳〜11歳の子供9人と大人9人で、ほんのり秋の色づく高尾山へ行ってきました。きれいに紅葉するのは11月に入ってからでしょう。それでもところどころほんのり紅葉している様子を見られ、秋の涼しい風に吹かれてハイキングを楽しみました。
20111011a.jpg

ちなみに……高尾山は針葉樹の植林地等も多いので山全体が紅葉するわけではありません。イロハモミジを見るなら、ケーブルカー周辺や薬王院の境内など。

そうそう、最初にちょっぴり失敗したのが、ケーブルカーに乗る際、パスモやスイカが使えるとあったので安心して改札口に並んでしまったら、券売機での切符購入にはパスモとスイカが使えるけれど、改札では利用不可です。慌てて切符を買いに行きましたが、ここでかなりの時間をロスしちゃいました(苦笑)

今回は子供たちがスタンプラリーをしながらだったので、要所要所で止まったり、美味しい匂いに誘われてお店の前でうろうろしたり……のんびり休み休みの登山です。中でもケーブルカーで上った駅(?)前にある「天狗焼」はものすごい人気で、行きも帰りも長蛇の列!そんなに人気?食べたことのある方、ぜひ感想を聞かせてください♪

こんな感じで途中で美味しそうなものをいろいろ見かけましたが、山頂で食べようとお弁当持参だったため、買い食いは一度だけ。権現茶屋で炭火焼のくろごまだんごを食べました。焼かれたゴマの香ばしい香りがたまりません。注文すると醤油ダレをぬって手渡してくれます。木陰に座って焼きたてのごまだんごを子供たちとほおばる。なんかもうこういう雰囲気だけで幸せな感じです(笑)
20111011b.jpg 20111011d.jpg

20111011e.jpg 20111011c.jpg


ケーブルカーは先頭に乗れると楽しいですね。特に帰り(下り)の最初は急なので一瞬歓声が!
20111011f.jpg 20111011g.jpg


ちなみに今回、0歳児ちゃんがいたのでベビーカーを利用できるコースを選びました。ほんの少しの階段がある以外はベビーカーでも山頂まで行けちゃうんですね。⇒公式HPでも案内があります
HPにも案内がありますが、薬王院本堂への階段手前を左に迂回する道があります。ここだけ道がやや細いので注意。またこの先の道は山道が舗装されていないので、ベビーカーでも登れますががたがたしちゃうので怖がりの赤ちゃんだとちょっときついかもしれません。
20111011i.jpg 20111011h.jpg

もう子供たちの方が体力があるので「次はケーブルカーに乗らないで登りたい!」というのですが、それは是非パパチームにお願いしたいと思います(笑)

高尾山 オフィシャルサイト

posted by こぐれっち at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

『げんき』11月号の別冊付録「genki family」で“ファミリー旅行を楽しむポイント”を監修

『げんき』11月号の別冊付録「genki family」で“ファミリー旅行を楽しむポイント”を監修させていただきました。
20111003.jpg
同誌は1〜3歳を対象とした幼児誌です。我が子もすでに下が7才なので、久しぶりにまじまじと見て驚いたことが。『いないいないばぁっ!』の女の子が代わってる〜!!りなちゃん、ふうかちゃん、ことちゃん、ときて、今はゆうなちゃん、なんですね。みんな大きくなって卒業しちゃうんですねぇ。なんだかちょっぴりさみしいっ。

さて、監修させていただいた“ファミリー旅行を楽しむポイントについて”は、詳細はぜひお手にとってご覧いただければと思いますが、成功の秘訣は“年齢別”もしくは“成長に合わせて”持ち物や用意しておくこと、調べておくことが変わっていくということを意識することだと思います。

お子さんが成長すると、あえて持っていかなくても良いものも増えますし、その一方で必要になるものも出てくる。旅の楽しみ方も子供の成長に合わせて少しずつ変化します。そんなちょっとしたコツや失敗しないために知っておきたいことなどをまとめています。

10月に入ってすっかり涼しく、秋めいてきました。気持ちよく過ごしやすいレジャーに最適な季節。子供と一緒に私もいっぱいお出かけを楽しみたいと思っています!

げんき(講談社)

posted by こぐれっち at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

勝沼のワイン祭りへ

3連休の最終日は、お友達と一緒に山梨県の勝沼にある「白百合醸造」さんのワイン祭りに行ってきました!新宿より特急かいじに乗って約1時間半。塩山駅で降りてそこから通常はバスやタクシーを利用するようですが、この日はイベント開催日だったため直通のシャトルバスが出ていました。
20110926a.jpg 20110926b.jpg

入口で参加費の1500円を払うと、参加シールとお土産券、そして試飲用のワイングラスを受け取ります。参加シールは目立つ位置に貼り、お土産券は帰りにワインと交換してもらえました。ワイングラスも持ち帰れます。(※要事前予約)

ワイナリーでの試飲は何度か行ったことがありますが、子連れで楽しめるのか少々不安も。でも子供たちはいただいたぶどうをぶどう棚の下で美味しそうに頬張り、ぶどうジュースもたらふく飲んで満足気。良かった!

大人はもちろん、赤・白それぞれの樽からワインを自由に試飲。さらに館内に入ると、いくつかの種類のワインがボトルで用意されていて、こちらも自由に試飲できます。特にこの時期のワイナリーでしか飲めない発酵途中のワイン「もろみワイン」は“試飲”なのに何度か手を出してしまうほど美味でした〜♪発酵途中のためアルコール度数もまだ低く、発酵によって発生する炭酸ガスが微量含まれているため微炭酸のような口当たりがあります。

ワイン通のかたにはプレミアムワインの試飲(有料)もありましたよ。

続きを読む
posted by こぐれっち at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

facebookページ、始めました!

20110924.jpg少し前より地元の友人たちとの情報交換ツールとして使用し始めたfacebook。まだまだ使いこなせてはいないものの、使い始めると(なるほど、こんなふうにも使えるんだ!)と感じることも多くなってきました。

そんな折、先日 熊坂仁美さんのソーシャルメディアセミナーに参加できる機会がありました。理解度もまだまだながら、今後はお仕事のツールとしても活用していけたらと思っています。基本顔見知りのかたとしかお友達になっていなかったこれまでのものとは別に、旅行に関する話題を中心に多くの方に情報をお届けできるようにと思い、子連れ旅行アドバイザーとしてのfacebookページも作成しました。

家族旅行・子連れ旅行アドバイザー 小暮祥子

まだまだ始めたばかりで不備も多いことと思います。あたたかい目で見守っていただくか、できましたら使用方法の間違いに関しては、気になる点がございましたらそっと教えていただけますと幸いです。このブログの右側にもウィジェットをはりましたが、ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ「いいね!」にクリックをお願いします。

posted by こぐれっち at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

9月3日オープン!「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました!(写真で綴る取材こぼれ話)

2011年9月3日、ドラえもんの誕生日とされる2112年9月3日からちょうど101年前となるこの日、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」がオープンしました!

All About「家族旅行・子連れ旅行」でご紹介していますので是非ご覧ください!!

というわけでブログではこぼれ話を写真中心にちょっとだけ書かせていただきます。

続きを読む
posted by こぐれっち at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

『プレジデントファミリー』10月号“体験学習「旅いく」で子供は何を学ぶか”でコメント掲載

『プレジデントファミリー』10月号“体験学習 農業体験、航海士入門、和菓子作り 「旅いく」で子供は何を学ぶか”でコメントを掲載していただきました。
20110823.jpg


昨今、○育、というこだわりを持った行動や活動によって人が育つ、育まれるという視点が注目されています。ポピュラーなところでは「食育」がありますが、他にもネットで調べてみると「水育」、「木育」、「服育」、「スポ育」なんてものも。以前の会社で温浴施設に関する仕事をしていたときには、「浴育」についてもふれる機会がありました。

「旅育」というワードも近年よく目にしますが、今月のプレジデントファミリーで取り上げられている「旅いく」は昨年JTBが立ち上げたWEBサイト「旅いく」に関するものです。これまでの単なる体験ものとはどう違うのかという点にご注目いただければと思います。

プレジデントファミリー


posted by こぐれっち at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。