2007年01月12日

箱根小涌園 ユネッサンの冬のおもしろ変わり風呂

水着で遊べる温泉テーマパーク「箱根小涌園 ユネッサン」では、冬のおもしろ変わり風呂が続々登場(予定)。

本年元旦に登場したのは、見るからに体の温まりそうな「唐辛子の湯」。発汗作用と保温効果があるそうです。また1月13日〜2月28日(予定)にはバレンタインデーを意識したのか「チョコレート風呂」、1月20日〜4月下旬(予定)にはこの季節に注目を集めるようになった「花粉症対策風呂」が前年に引き続きOPEN予定。2月中旬には「ストロベリー風呂」なるものも登場するようです。

足を入れてるだけでかわいい魚たちが古い角質をついばんでくれる「ドクターフィッシュ風呂」は2007年も継続開催中。これ、まだ試したことがないのだけど、一度利用してみたいなぁ♪子供も喜びそうだし。でも古い角質いっぱいだから、子供よりも私の足にいっぱい魚が寄ってきそう・・・(苦笑)

【参考】
家族みんなで!水着で遊べる温泉テーマパーク

*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。.:**

【プチ・ダイアリー】
先日スキー場に行ったときにの話。名前を出すと問題かもしれないので、あえて某スキー場、ってことで・・・。
今回2日目に行ったスキー場では、スノーエスカレーター(ムービングベルト)などはなかったけれど、子供たちが元気に山を駆け上り、ソリ遊びを楽しみました!簡単に仕切られただけのソリ遊びスペースでしたが、コース的に突っ込まれるような場所ではなかったし、2歳の娘も大はりきり!

で、途中休憩しようと思ったら、ソリ遊びしている場所の目の前に「親子休憩室」の文字が。中を見ると、子供用の椅子やテーブルなんかもあるカーペット敷き(←たぶん)で20畳ほどの広々としたスペース。(おお!使える♪)と、入ろうとしたら、ゲレンデ側のドアに「関係者以外立ち入り禁止」の貼り紙が!げげっ !!な、なぜ !?
脇の入口から入ろうとすると、そこにも施錠がされていて入れず。ちょうど通りかかったスタッフに聞くと「むこうからまわってください。入口はむこうなんで。」と言うんです。ええ〜!!!!すごい遠回りして入れというのね?とびっくり。と同時に「子連れ旅行」に携わる人間として、いや違うな、単なるおばちゃんパワー全開で?抗議。「それじゃ、このスペースがある意味がないじゃないですか。せっかく便利な設備なのに、見てください、誰も利用していないじゃないですか!」と。スタッフも苦笑いして退散。

「子連れ」に便利、という情報を発信していくには、やはり自分の目で見て確かめないとこういうことがあるのね、と教訓になりました。今回の件、おそらく悪気があるわけはなく(そりゃそうだ)、子連れの利用者の意見が入らなかったための事態なのでしょう。

今年は自分の足を使い、目でみて、心でうったえていくぞ〜!!各所の皆様、こんな私を嫌わないでくださいね〜(自己フォロー)。


posted by こぐれっち at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。