2007年03月03日

子連れで横浜を歩く(新記事情報&裏話)

All About「子連れ旅行」サイトに新記事をUPしました !!

子供と横浜!中華を楽しむ食べ歩き
遊ぶ?学ぶ?横浜で子供目線の水族館めぐり

2月某日、雨の中、家族4人で横浜へ。
しかし今回はトラブル続き。1泊したら2日目の朝、長女が発熱しちゃうし、しかたなく2日目はパパに長女を医者に連れて行ってもらい、私は次女を連れて残ったミッションを完了させ……るはず……が!言うこと聞かないし!次女!
思えば物分りのよい長女に比べ、人見知りはするし怖がりな次女。二人だけでお出かけって今までになかったかも。写真を撮ろうにも私にベッタリで離れず、被写体になるどころか荷物がひとつ増えただけ !?という感じ。しかもあきらめて片手で彼女を抱いたまま取材をしていると(途中から汗だくだく)、ん?・・・寝た・・・???

そう、彼女はまだ2歳。昼にはきちんと昼寝をします(苦笑)
ううう・・・時間がないのにぃぃぃい〜!

1時間経過・・・

2時間経過・・・

そうそう、よく雑誌の依頼で「子連れ旅行に一番大切なのは?」の質問に「時間やスケジュールに縛られないこと。イレギュラーな事態を楽しむぐらいの心づもりで。」とか書いたな、私。

3時間経過・・・

うぉぉぉお!いい加減に起きてくれ〜!!!!

と、こんな感じで、彼女を抱いたまま横浜みなとみらいの景色を眺め、3時間半のコーヒータイム(長っ)。さすがに腕がしびれました。でもこんなふうに次女をゆっくり抱いたり、顔を眺めたのは久しぶりかもしれません。抱っこしてあげられるのも、あと何年かなぁ、なんて思いながら、不細工な寝顔を見てもいとおしく感じるのでした。

さて、今回一番楽しかったのは、我が家的にはやっぱり肉まん作りかなぁ。長女も最近やたらと料理のお手伝いをしたがるお年頃だし?2歳の次女も大人のサポートがあれば体験できました。
y2.jpg
具や皮はお店側で用意してくれたものだから、もちろん美味しいわけです。でもそこに「自分が作った」という付加価値がつくと、よけいに美味しく感じるものですね。

あとは「よしもとおもしろ水族館」に始めて足を踏み入れましたが、ここ、小さい子も楽しめるので、中華街散策の途中にぜひ立ち寄ってみてください。普通に魚たちの生態に関しての説明が文章で書いてあってもそうそう読まないものですが、ここでは魚の生態を生かしたパフォーマンスを披露してくれたり、その見せ方が独特なので、面白いという以上に、勉強になりますよ!個人的にももう一度ゆっくり遊びにいきたいと思うスポットのひとつでした。
070305b.jpg
おくの「さかなの赤ちゃん水族館」なんて、はだしで遊べるから子供が帰りたがらなくて困ったほど。滑り台も水槽になっていたり、ジャングルジムにも水槽が。魚はいい迷惑だろうけど、遊びながら眺められるから子供たちには大人気でした!

・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。.:**

【プチ・ダイアリー】
3月3日、娘たちが通う保育園で、各クラスの進級、そして卒園を祝う会がおこなわれました。

長女は今年は卒園の年。2歳になる少し前に入園してから丸5年です。2、3歳の頃は体は大きいのに言葉が出るのが遅くて、外では「何でこの子しゃべらないの?」と言われたりして恥ずかしかったり。4歳の時には既に「何年生?」と聞かれるほど、どんどん体ばかりが成長してしまい、“頭の悪い小学生”みたいに見られることが多かったから、ついつい長女には本来の年齢以上のことを望んできたような気がします。そんな自分勝手な親をどうかゆるしてね。

今回のお祝い会での劇ではオズの魔法使いのドロシー役をジャンケンでGETし、台詞も一生懸命覚えたよう。合奏では「難しい」と時々不安そうに話していたのですが、木琴を一生懸命演奏していました。娘や、そのお友達の表情が幼かった2歳や3歳の頃から比べると格段に成長していることをあらためて実感し、感激しました。頑張ったね、みんな。卒園おめでとう!
070305.jpg


posted by こぐれっち at 03:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。