2007年06月15日

娘と映画

先日、娘念願の「パイレーツ・オブ・カリビアン 〜ワールド・エンド〜」を映画館に観にいってきました。

とにかく長い(上映時間)と聞いていたので心配しましたが、途中ちょっと私に話しかけてきたりしたので飽きていたのかもしれませんが、全体を通しては娘も集中してよく観ていました。

帰ってくると、「かっこよかった、かっこよかった」というから「ジャックが?それともウィル?」と聞くと「今回一番かっこ良かったのは“バルボッサ”」と。

え・・・。
そうきたか(笑)

そして、ここ数年、ずっと彼女の将来の夢は「お皿を作る人」だったのが、ここに来て「映画を作る人になりたいな」と口にするように。そうか、そうだね、そんな夢もいいね。じゃぁ、これからも一緒にいっぱい映画を観に行こうね!と話すと「じゃぁ、もう一回、ジャック(パイレーツ・オブ・カリビアン)観たい!」と。

そんな娘に向かって「いいか、映画は一回いくと100円や200円じゃ観れないんだ。1000円よりもっといっぱいのお金がかかるんだよ。」と真顔で話すパパ(苦笑)

でも、ごめん。ママはもう一回観にいくと思う。だって吹き替えだったし。字幕でちゃんとみたいのだ。ゆるせ、娘よ。

その代わり、夏休みは「ハリーポッター」や「西遊記」も観にいこう!「レミーのおいしいレストラン」も気になるか。

母さん、「ポケモン」は、ちょっと寝ちゃうかも(苦笑)

でもね、本当は今一番観たいのは・・・「キサラギ」なんだけど。誰も一緒に行ってくれなさそう。DVDが出るのを待つか。


posted by こぐれっち at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。