2007年11月04日

七五三で連呼された台詞とは……

3歳と7歳の娘がいる我が家は、今年は二人同時の七五三。本日、写真撮影と近所の氏神様への参拝に行ってきました。
071104a.jpg
身近な人は知っているかと思いますが、私の実家の母が着物好きなため、「東京ではみんな写真館で借りるんだ」と説明しても理解してもらえず。

私は全く着物になんて興味がないので、母と娘で選んで仕立ててもらった着物。今日は誰がうれしそうって、一番は母でしたね(苦笑)

神社でお参りすると、お神酒もいただきまして、初飲酒?(長女の3歳のときっていただいた記憶がないなぁ)
071104b.jpg 071104c.jpg
食事はパパの知人のお蕎麦屋さんで遅めの昼食を。お蕎麦屋さんといっても個室もあって、宴会料理は旬の素材を生かした季節を感じる和会席でおすすめなんですよ。
肴町 長寿庵

夏に法事をしたときとはメニューも随分変わっていて、今回は秋冬バージョンだったのかな。前回はうなぎや鮎なんかが出たのですが、今回は松茸や白子(たら?)が出て、昼から(う…さ、酒)と思いましたが、このあとまだ曾祖母のところに行かねばならないので、グッと我慢。

071104d.jpg
お刺身なども出たのですが、横から娘に「中トロちょうだい!」とあっけなくとられてしまい、撮影できず(苦笑)

そしてお祝いということで、これはたぶんお店のご好意だと思うのですが
071104e.jpg 071104g.jpg
鯛の塩釜焼き(正式名称不明)が登場!
「わ〜♪おいしそう」と盛り上がる大人たちを尻目に
071104f.jpg
↑自分の蕎麦にとろろをかけるほうが大事な長女。
071104h.jpg
蕎麦はお祝いということで紅白蕎麦。辛味大根と一緒にさっぱりといただきました。

娘も7歳。大きくなったね。しっかりしたね、と言いたかったけれど……。
071104i.jpg
食べるだけ食べて。
071104j.jpg
あとはパパの膝枕でゴロ〜ン(まったく成長が実感できず)。

さて。

表題の件。
今日は私も久しぶりに着物を着ました。もちろん母の希望。しかし着物は太っても着られるものと思っていませんか?まぁ、着られるんですけどね、けっこう無理無理着させていただきました。着付けをしてくださった方はとても楽しくて親切な方だったけれど、アシスタントらしき女の子が小声で「ここがあわないけど」とか「ちょっとたりない」とか言うたびに彼女が真面目な顔をして連呼していた台詞がおかしくて、笑うのをこらえてしまいました。その台詞とは、

「やむを得ないわね。」

※【止むを得ない】
 望ましくはないがしかたがない。他にどうすることもできない。〔三省堂・国語辞典より〕


posted by こぐれっち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。