2007年12月31日

今年も一年、ありがとうございました!

昨日まで仕事を引きずってしまい、どんなバタバタな大晦日になるかと思いきや、もうこうなったら大掃除は年明けに、とスッキリ諦められるあたりが私の長所(短所か!?)。

というわけで今日はのんびりゴロゴロと子供たちと過ごしています。娘たちがワイワイ遊ぶ横で、午後は「華麗なる一族」、「風林火山」、「ライアーゲーム」をリモコンを駆使して同時に見るという横着振りに娘からも「DVDにとればいいじゃない」と冷たい視線。とってるの。でも見たくてつい・・・。

年明けは友人ファミリーとスキーの予定。今回は「セントレジャー舞子スノーリゾート」へ。雪がまったくなく心配していましたが、どうやら現在吹雪いているよう。かなり細かいリアルタイムのレポートが現地の方々の気合と祈りを感じてエールを送りたくなります(笑)
→興味のあるかたは、こちら

しかし小学生の3人はいいとして、今回は2歳児&3歳児連れだから、ふもとに雪があってほしい&あまり吹雪かないでほしい、というわがままな母たち。急な吹雪で道も渋滞し事故も報告されていますね。う〜ん・・・行けるのだろうか、私たち。スキーにお出かけの皆様、車の運転には十分に気をつけてお出かけください。

・・・というわけで、ブログでは来年も楽しく育児や仕事の裏話を綴っていきたいと思っています。

今年は多くの方と一緒にお仕事をさせていただけて、刺激的な年となりました。この場を借りてお礼申し上げます。そして、来年も何卒よろしくお願いいたします。

「旅」は同じ場所に行くのでも、一緒に行く人、そのときの年齢などでまったく違う体験ができるもの。最近「もっと若くて体力のある学生のときに貧乏旅行でいろいろ回ればよかった」なんていう台詞を耳にするようになりました。そうなんです、そのときにしかできないこと、「子連れ旅行」もそのひとつだと思いませんか?

来年は「子供たちの笑顔」をテーマに日本をもっと楽しむ旅を提案していけたらと考えています。

さて、今年もあと数時間。でもブログを書いているうちにテレビは子供たちの「ドラえもん」に占領されてしまいました(T_T)

皆様、よいお年をお迎えください。
posted by こぐれっち at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

フジテレビ「ハピふる!」に出演!

年末になって、父母が行くための旅館探しをしている私。こんなぎりぎりでなんて絶対に見つからない、とあきらめる方が多いようですが、そうでもないのです。そもそもどこでもいい、というなら空きはまだまだあります。その中から最高の条件の宿を予約するのもいいでしょう。

でも、ねらい目はこのぎりぎりになって出てくる新たな特別プランと、今まで複数掛け持ちで予約をしていた人たちが手放す部屋のキャンセルです。

071225a.jpgと、自分もこんなふうに宿探しを楽しんでいたときに、まさにタイムリーなネタで取材を受けたのがフジテレビの朝の人気番組「ハピふる!」。25日に放送されたので事後報告ですが、事前に自宅で取材を受け、梅津アナウンサーと一緒に会話をしながらの出演でした。

年末年始の宿は、かけもちで予約されている方が多いこと、キャンセルはキャンセル料金が発生する前に出やすいことをふまえて、放送のあった25日からの数日間は、まさにそんなキャンセルの出た部屋が狙い目!というような内容のご紹介でした。

071225b.jpg今回ご一緒させていただいた梅津アナウンサーもお子さんのいらっしゃるママという事で、子連れ旅行にもとても関心が高いようでした。
カメラのまわっていない時間に雑談でいろいろ旅行についての話もしたのですが、とても情報通。今後はこんなものがはやるんじゃないか、宿のサイトを見るときにどこに注目してる?なんて話も盛り上がって短い時間でしたが楽しい収録となりました。

画面で拝見するとおり、とっても魅力的な女性でしたよ。今後も応援させていただきます!

フジテレビ「ハピふる!」
posted by こぐれっち at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

いってらっしゃい!

12月27日、大好きなI家が家族で渡米する日です。見送りに成田空港まで行ってきました。

O家の母子も一緒に車で成田まで。そういわれてみれば最近は車で成田って行かなくなったなぁ……なんて思っていると目の前を着陸寸前の飛行機が横切っていき、「おお〜!すごい〜!!!」と車内で大興奮!飛行機に乗ってこの光景を下に見ることはよくあって「下の人たち怖くないのかなぁ?」なんて思っていたのですが、やはり迫力ありますね。電車移動では味わえない特典でしょうか。

さて、到着後すぐにI家と合流。早速、上の階のレストランへ。
そして「乾杯〜!」いや、「いってらっしゃ〜い!」だったか??とにかく最後の杯(さかずき)タイムに(笑)
071227a.jpg←大人もね(笑)

普段と変わらぬ会話をしながらも、実はもうこのときから唇が力をぬくとプルプルと震えだしていて(まずい。涙は禁物だ!)と必死にこらえていました。「今日は僕たちがご馳走するから」というI家父さんの行為に甘え、「え〜、いいよ〜」とかいいながらちゃっかりおかわりまでしてしまったのでした。(※運転はパパ)

いつも夕方ごろからダラダラと深夜まで飲んでいた私たち。でも今日はタイムリミットありです。「ママ〜、Yくんが○○貸してくれな〜い!」「だってHちゃんだってさぁ〜○○じゃん!!」といつものように緊張感のない会話をする子供たち。でもそれぞれに胸に秘めている思いはあったようです。

そして時間は確実に進み、思った以上にゆっくり話せてうれしかったけれど着実に出発時間が近づいてきます。そして何度目かに時計を確認した後、「じゃぁ、そろそろ…」と席を立ちました。店の外には展望スペースみたいなものがあって、子供たちが早速そこで遊び始めてしまったので、ちょうど良いしここで撮影タイム。
071227b.jpg 071227c.jpg

そしてそこから出国審査までの移動中、急に兄さん姉さんチームが肩を組んで歩き出し、真ん中にいた渡米するY君がギュッと二人の肩を抱く様子を見て、胸が熱くなりました。

そしてお別れのとき。
071227d.jpg
一瞬、気を抜いた瞬間に涙がドッとあふれてしまい、もう一度こうなると止まりません。たぶんTちゃんママもこらえていたのでしょう。私が泣いてしまうと「え・・そ、そんな、小暮さん・・・」と、同じく涙。連鎖反応でTちゃんも我が家のパパもみんな泣き出してしまいました。(すまん、みんな。私がスイッチを…)

今になって思えば、年末年始の旅行に出発するらしき若者が列を作る中、やや浮いた存在だったかも(笑)あわただしく挨拶を交わす中、I家パパが握手しながら「あんまり飲み過ぎないようにね。」と。ラジャー!肝に銘じて生活していきます。

そしてこのあと、I家の乗る飛行機を展望デッキで確認してから、帰路につきました。
071227e.jpg

我が家の長女は泣くこともなくあっさりとしていたので、「悲しくないの〜?」と聞くと「さみしいよ。でもスカイプでも話せるんだよね。それに目を閉じればYくんとMちゃんの顔、いつでも思い出せるもん。絶対に忘れないから、いつも胸の中にいるの。だから大丈夫。」と。うんうん、そうだね。

「それに飛行機に乗ればいつでも会いにいけるんでしょ?」と。
う・・・うん。理論上はね。経済上の問題で“いつでも”、“何度でも”とはいかないのだが、やはりそこは分かっていなかったようだね。

さぁ、今日から家族でI家訪問ツアーを目指して500円玉貯金を開始しましょう〜!

また会う日まで! I家、いってらっしゃい!!
posted by こぐれっち at 04:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

クリスマスの朝

今日は朝からサンタクロースのプレゼントに笑顔の娘たち。

しかし、私は朝一、普段とはどうも違う自分の体調に気づきました。

「38.2℃」

う・・・。この年末に痛恨のミス。
年賀状もまだ注文すらしていないという状況なのに。
仕事納めもまだなのだ。

そして夕方になり、このままではいけない!と病院へ這って行くと,

「38.8℃」

久しぶりの高熱。なにもクリスマスの日にこんな・・・(苦笑)
posted by こぐれっち at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

通販におけるジレンマ

小学1年生の娘の学校では、学力レベルアッププロジェクトなるものを実施しており、年明けに全国で実施される「漢字検定」と「数学検定」を学校の方で希望者を募り、人数を集めて学校で受験できるようにしています。

さて、我が家の長女。「なんかみんな受けるみたいだから私も受けるわ」とやる気があるんだかないんだかわからないことを言っています。せっかくやるなら問題集でも買って冬休みに勉強してみるのもいいかな、とアマゾンで「これ」と思った問題集を探すと、「漢字検定」の本は在庫があるのですが「算数検定」の方が1月中旬ぐらいになってしまうかも、と。それでは意味がないので楽天ブックスで検索すると、なんとこちらは「算数検定」は在庫があるのに、「漢字検定」が在庫がないので時間がかかるらしい・・・。

結局、ほしいものは今すぐほしい性格なので、それぞれに1冊ずつ頼んだわけですが、どちらも1500円以上送料無料なので(今回購入の本は両方とも1500円以下!)、ついつい自分の本まで買ってしまいました。

なんとなく悔しい。
posted by こぐれっち at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

小児用PASMO、作りました。

071219a.jpg我が家では長女が小学生になって、電車の運賃がかかるようになりました。

こうなると面倒なのが、お出かけのたびに、切符を購入しなくてはならないということ。首都圏のお出かけでは大人は定期券やSuica、PASMOなどを使い、この手間が省けていますが、子どもの切符が必要なばかりに、休日のお台場や舞浜など、長蛇の列に並ばされることも少なくなかったのです。

そこで我が家も年末年始のお休み前に、「小児用のPASMO」を購入しました。もっと早くに申し込みたかったのですが、「子供の身分証明」ができるものが必要ということで、ついつい「今度」と先延ばしにしてしまっていたんですよね。しかも、なぜか小児用は購入できない駅もあったりして、タイミングを逃してばかりでした。

ちなみに身分証明の必要性は、「小児用」ということで12歳の4月1日以降は利用できないという特性をきちんと反映させるためでしょう。

これだけのことでも、休日のお出かけで時間のロスを随分減らせると思います。「小児用PASMO」は「記名」式のみなので、(※大人用には無記名もあり)万一紛失しても再発行が可能。ネット上で履歴紹介サービスも利用できます。


ちなみに小児用PASMOの発売とタイミングを合わせた形でSuicaのこども用も今年の3月から発売されています。

PASMO
Suica
posted by こぐれっち at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

グアム取材・裏話(その四)

071208u.jpgロードレースの翌日はもう帰国日。昼の便でグアムを発つ前に、今回のロードレースにゲスト参加されていた1972年オリンピック金メダリスト(76年には銀)フランク・ショーター氏とお話しする時間をいただきました。

24歳で金メダルリストとなった彼も、今では60歳。とてもその年齢には見えない若々しさは、やはり走ることで保たれているのでしょうか。引退後もマラソンの指導書を著したり、スポーツウエア会社のフランク・ショーター・ランニングギア社を設立したりと、精力的に活動される一方、今も市民マラソン大会で、一般市民ランナー達と気軽に走ることを楽しみにされているのだそう。

今回3世代で走るファミリーもいましたね、と話すと「40歳以上で運動を始める場合は、ドクターに相談してからがいいよ。体力的に大丈夫かどうか、きちんと相談してからね。僕もそうしているし。」と話していました。そうか、40歳以上……う〜ん、もうすぐ私もそういう年齢になるんだな、なんてちょっと寂しい気持ちに(苦笑)

走ることが気持ちいいと話すショーター氏に「子供の頃からマラソンをされていたのですか?」とうかがうと「最初はダウンヒル(スキー)の選手になりたかったんだ。それで毎日競技場に走って通っていたんだよ。そうしたら、あるとき(自分は走ることの方がスキーより好きなんだな)と気づいたんだ。14歳まではコーチもつかずただ好きだから走っていた。15歳で初めてコーチにつき、チームに入ったのはハイスクールの2年のときだよ。」と。その数年後に金メダルを手にしたことに「自分は好きなことで結果を残せてラッキーだ」と意外にもサラリと話していました。

2男1女の3人の子供たちには、さぞやアスリートへの英才教育をされているのかと思いきや「走ることを強要していない」のだそう。「子供たちはそれぞれの道で1流になろうと努力しているよ。何事にも集中して情熱を持って専念することが大切。それはアスリートにも言えるけど。子供たちにとってそういう情熱をかたむけるものがあるのであれば、無理に親の意思で何かをさせたいとは思わないさ。」と話してくれました。

子育ての話にまで及ぶと「親はいろいろな機会を子供に与えるけど、選ぶのは子供。親が押し付けないことが大切だと思わない?」と。子育て真っ最中、いや、これからも娘たちが独り立ちするまで長い時間「親」であり続けなければいけない私にとって、心に染みる一言でした。

071208v.jpgそうそう、実はショーター氏の写真を撮影したときにちょっとしたハプニングが。

ファインダーをのぞくと(ん?)・・・「あ!虹!!」と。

海にかかる虹なんて、素敵♪「おお!かわいいね!じゃぁ、虹と一緒に写して!」とお茶目な一面もまた魅力的な男性でした。

071208w.jpg

子供とP.I.C.グアムでロードレースに参加!
(グアム取材・裏話・・・完)
posted by こぐれっち at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

グアム取材・裏話(その三)

071208k.jpgロードレース終了後は、短い滞在時間を惜しむようにP.I.C.グアムの様々なプールやアクティビティも体験してきました。

中でも有名な「泳ぐ水族館」は未体験だったので楽しみにしていたのです。

071208l.jpg
シュノーケルプールの中に90種類にも及ぶ美しい熱帯魚が泳いでいて、その中を指導されたとおりに進みます。いくつか約束事があり、足は使わず手だけで進む、とか前の人と間隔をあけて進む、などプールと言ってもコースになっているので、一列になって魚を驚かさないようにシュノーケルで泳ぎながらそっと見学する、と言う感じ。
071208m.jpg
想像していたよりも熱帯魚がたくさんいて、しかも慣れているのかまったく逃げない。なんだか今夏、沖縄で魚に噛まれた記憶がフラッシュバックしてきて、魚よりもむしろ私の方がビクビクしていたかもしれません(苦笑)

スライダーもかなり興奮しました!マットのようなものを下にして滑るのですが、スピードが出るので皆キャーキャー言っています。マットの数が限られているため、混雑する時間帯はなかなかもどってこなくてマット待ちの人も。

071208n.jpg子供用のプールは、仕掛けがいっぱいで、水がたまるとザバーッと水が落ちてくる大きなバケツもあって楽しそう!一部大きなタープで日陰を作ってあったのも紫外線に弱い子供思いのプールだな、と感じました。

071208o.jpg
ビーチも隣接しているので便利。

レストランは海辺でのバーベキューやアンフィシアターディナーショーなどもあります。非常に迷ったのですが、ディナーは数々の賞を受賞したPICグアムが誇るファインダイニングレストラン「ビストロ」へ。
071208s.jpg
疲れ気味だったので肉ではなくさっぱりめの魚料理をお願いし、窓際のテーブルだったので夜の夜景を楽しみながら食事をしました。デザートはちょっと甘すぎて残してしまいましたが、甘い物好きの方にはいいかも。

071208r.jpgランチに利用した「カフェロックンロール」はアメリカンなメニュー。食べ物にボリュームがあって、あと少し若かったら全部食べられたであろうに……という感じ。写真はローストビーフサンド(だったかな?)。スタッフの女の子に「どれがおすすめ?」と聞いてオーダーしました。が!大きすぎ。これを一人で食べるのは大きさもそうだけど、いくら美味しいとはいえこればかりでは味にも飽きちゃうのは日本人だから?(笑)何人かで行ったら、皆で違うものを注文してシェアする方が良さそうです。

071208p.jpg
最終日にはもうすっかりスタミナのつくものをいただいた後だったので、朝食に和食レストラン「花城」へ行きました。ブッフェだったのですが、納豆や天ぷらなんかも並んでいます。

071208p.jpg和食なのにデザートにはドーナツが並んでいて、う〜ん、若ければ食べられたかも……などと思いながら茶をすすって部屋にもどりました(笑)


071208t.jpg滞在中、お水は部屋にもペットボトルが2本(無料)置かれていましたが、冷蔵庫の中の飲み物(有料)は高いので当然下のショップで買い込みます。ジュースはよく見る「ハワイアンパンチ」を購入したのですが、よくみると「100%ビタミンC」と書いてありますね。非常にジャンクなジュースの印象だったのですが、体によいのでしょうか(謎)


→(続く)

子供とP.I.C.グアムでロードレースに参加!
posted by こぐれっち at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

グアム取材・裏話(その二)

グアム2日目は早朝のロードレーススタートに合わせてAM4時起き。窓を開けると外はまだ真っ暗でした(当たり前?)。

支度をしてAM5時ごろホテルの1階に下りると、既にエントリーした選手たちがロビーやエントランス付近に集まっていました。のんびり過ごしている人もいればストレッチしたりしている人も。

スタートを見ようとホテルの入り口から少し離れたスタートライン近くに歩いていくと、なんといきなりスコールが!ええ〜!傘持っていないし、カメラが濡れたらまずい!と服の中に入れて隠すも、シャワーを浴びたようにふりそそぐ雨で服の中までびしょ濡れに。カメラは濡れても大丈夫なのだろうか(今のところ動いていますが……)
071208g.jpg
レース中もやんだかと思うと土砂降りになったりで、そのうち濡れてもなんとも思わなくなってしまいました。が、冷静に考えてカメラが濡れてはまずい!と思い、ホテルの方に傘を借りて再び撮影へ。

走っている人は大丈夫なのかな、と心配したのですが、今大会にゲスト参加されていた元オリンピック金メダリストのフランク・ショーター氏にお話をうかがうと「雨は観客には気の毒だったけど、走っている選手にとっては気持ちがいいぐらいなんだよ。実はグアムのように湿気の多い場所で長い距離を走るのは選手にとってはいい条件ではないんだ。だからあたたまりすぎる体を冷やすのにちょうど良かったんだよ。」と話されていました。

071208h.jpgレースが終わったころになって、徐々に青空がひろがり、ふと窓の外を見ると大きな虹がかかっています。

外がすっかり明るくなった頃、今度は表彰式もかねたイベントが行われました。

071208i.jpg
最初は立食パーティみたいな感じで出場者同士が交流を深め、その後は着席して華やかなショーがあったり、レース毎に入賞者(年齢別もあり)にトロフィと大きなメダルの授与があったり、大盛り上がり!

071208j.jpg記録はイマイチでも、エントリーナンバー(ゼッケン番号)をくじにしてプレゼントもあるので見逃せません。レース自体に多数のスポンサーがついているため、エントリー代(前日まで20ドル、当日25ドル)以上?と思うほど盛りだくさんの記念品がもらえるのですが、さらにこのくじでは食事券やお買い物券などがあたり、今年の目玉はオーストラリア旅行でした!今年の参加人数が1157名と言っていたから、1/1157でオーストラリアだなんて・・・エントリーすればよかった!(笑)

個人的には歩くのは好きだけど長距離を走るのは苦手。こういうレースって走るのが早い人が楽しむものと思っていましたが、まったく見る目が変わりました。「来年、会いましょう!」そう声をかけてくださったみなさんの満足そうな笑顔を見て、私もぜひ来年チャレンジしたい!と思ったのでした。→(続く)

子供とP.I.C.グアムでロードレースに参加!
posted by こぐれっち at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

グアム取材・裏話(その一)

先月取材したグアムの親子で走れるロードレースの記事をAll Aboutにアップしました。
子供とP.I.C.グアムでロードレースに参加!

今回は初の単独海外取材で、場所がグアムとはいえちょっと不安でしたが、一人旅と言うのもいろんな発見があって楽しいものです。いつもは何気なく通過する成田空港も一人だと時間に余裕があったのでゆっくり見て周れました。
071208a.jpg 071208b.jpg
先日、成田で明太子なども売ってるのを見て(これ買う人いるのかなぁ)と思ったのですが、なんとカニも売ってるんですねぇ(笑)ディスプレイされた浴衣は帯締め付き。着物みたいな着せ方をしているのは外国人向けでしょうか。
〔関連〕子連れの成田空港活用ガイド〔前編〕

071208c.jpg 071208d.jpg
飛行機は「コンチネンタル航空」を利用。ウイングレット(主翼端翼※写真左)を見ていると、子供のころに作った紙飛行機の翼をこんなふうに折って飛ばしたなぁ、という懐かしい記憶がよみがえります。子供の発想ってあながち間違っていないのか。

機内食(夕食)はチキンをチョイス。ボリュームがあるので昼から何も食べずに搭乗してしまった腹ペコのお腹を十分に満たしてくれました。デザートのティラミスみたいなケーキもコーヒーと一緒にいただいてホッと一息。
〔関連〕コンチネンタル航空でアイランドリゾートへ

071208y.jpgグアムのいいところは、フライト時間が少なかったり(約3時間半)、時差が少ない(1時間)ことももちろんなのですが、空港からタモン・ビーチ沿いのホテルまでなら車ですぐ(10分程度?)という点もお手軽感があります。写真は空港の窓からホテルを撮ったもの(中央の建物が、今回宿泊したP.I.C.グアム)。


071208e.jpgホテルに到着して、担当者と翌日の取材の打ち合わせをして部屋に入ると、時間は既に深夜0時。明日は4時起きなので早々にシャワーを浴びて寝なくては!


071208f.jpg
アメニティは「アッシュフォード&ホール スパエナジー」。日本ではあまり見かけないな、と思ったのでネット上で調べてみると、ホテルニューオータニのタワースイートでも使用されているよう(同じものかは未確認)。バスジェルもあったので早速泡風呂を作って入浴し、翌日に備えるのでした……(続く)
posted by こぐれっち at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

いよいよクリスマスシーズン!

最近では11月のうちから街はクリスマスイルミネーションに彩られていますが、さすがにサンタクロースが来るまでに一ヶ月以上もあるし(まだまだ)という気持ちが心の中にあるもの。でも12月になると一気に「あぁ、もうそんな季節かぁ〜」と年末モードに気分もシフトしますね。

今年、長女はサンタクロースに「本物のポケモン」を頼むらしく、サンタさんも困惑していることでしょう。「せっかくもらってもうちでは飼えないから別のにすれば?」とサンタに助け舟を出すも、「大丈夫。普段はモンスターボールに入れておくから問題ない。」と聞く耳持たずです。・・・どうする、サンタさん!

次女は「DS(NINTENDO)もらうんだ」と。 ゲゲっ!
(サンタさんは3歳の子にDSは持ってこないんじゃないかなぁ・・・)

今日、近所のスーパーにある大きなクリスマスツリーを見ながら次女が大喜び。ツリーの鏡面になった大きな玉のオーナメントに自分が映っている!と。「ママも来て〜」というので二人で覗き込んで「ホントだぁ〜」と大げさに喜んで見せていたら、後ろから長女の同級生のママに声をかけられて思わず赤面(笑)

恋人同士で過ごすクリスマスもいいけれど、子供と過ごすこの季節はより新鮮でなんて楽しいんだろうと思う親ばかなのでした。

↓ 先日新宿を通った時に撮影(小田急百貨店)
071207.jpg
posted by こぐれっち at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

「クラブメッド・サホロ」へ!

今年最後(?)の連泊取材は、20周年を迎えた「クラブメッド・サホロ」へ。パブリックエリアと客室のリノベーションが行われ、さらに上質で洗練されたリゾートとして生まれ変わりました。
(※写真は宿泊したスーペリアルーム)
071205a.jpg

071205b.jpg 071205c.jpg

スキーはまだ一部しか滑走できませんでしたが、夜にはたっぷりと雪が降り、翌日はパーッと青空が広がってくれたので、スキー好きの私も気持ちよく滑ってきました!
071205d.jpg
思いっきり飲んで、食べて、遊んで・・・クラブメッドの居心地の良さを体感できた楽しい旅でした!

詳しい取材裏話はまた後日!
posted by こぐれっち at 15:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。