2008年04月21日

東京港野鳥公園

080420a.jpg昨日はお友達のママの車で「東京港野鳥公園」(※大井野鳥公園)に連れて行ってもらいました。

お天気は曇りでしたが、寒くもなく快適。お天気が良かったらお昼寝したくなるような芝生広場のベンチでお弁当を食べてから、広い園内を順に周っていきました。

我が家は同園に訪れたのは初めて。料金は大人300円、小学生以下は無料(中学生・65歳以上は150円)、駐車場(40台)も無料と都内にしてはなかなか格安スポットですねぇ〜。

080420b.jpg池の周りにいくつか(4つ?)ある観察小屋には望遠鏡や椅子があって、そこから鳥の様子をじっくり見られます。普段望遠鏡なども使う機会はないので、私もワクワクしてしまいました!また、視力の悪い私と違って子供たちは動いている鳥も遠くの鳥も「あ!あれは何?」といろいろ見つけて、お友達のパパを質問攻めに……。入口で入場の際に何種類かの鳥が紹介されたパンフレットをもらったので、次回までに勉強しておくともっと楽しめるかもしれません。

私も子供と一緒に楽しんでしまい、さてブログを書くか、と思ったら観察小屋の写真が1枚もなかったという間抜けぶり(苦笑)

潮入りの池が見渡せるネイチャーセンター(地上3階、地下1階)なる建物もあり(写真→)、そこではこんなものも発見↓
080420c.jpg 080420d.jpg
鳥に変身〜(笑)

080420e.jpg 080420f.jpg
他にも鳥のくちばしで餌をつまむ体験?(↑)や、渡り鳥にちなんだ内容のすごろく、絵本を読むスペースなんかもあって、子供たちは一つ一つ楽しんでいました。地下では干潟に足場がかけられており、カニなんかも見られるらしいです。

昨日は残念ながらカニなどは見られなかったのですが、先ほど公式ホームページライブカメラで見てみたら、カニがうじゃうじゃいる〜!!と1人で興奮してしまいました(笑)
※カメラの向きとズームをコントロールするといろんなものが見られます!
(↑すごい面白い〜・・・先ほど30分以上はまってしまったのでした。)

ちなみにお昼過ぎに行ったのですが、思いのほか子供たちが楽しめる場所だったので、ゆっくりしてしまい気がついたら閉園時間(17時)に。結局半分しか周れなかったようなので、また次の機会に残りの半分も見てみたいと思います。

〜おまけ〜
080420g.jpg羽田空港に程近い同園からの帰路、やけに警察官が多いねぇ、と話していると「あ!今日って韓国の大統領が来るからじゃない?」と。なるほど。で、西新橋の交差点で怪しい車両が見えたとたんいきなり進行方向の道が閉鎖されて「おお〜!すごい〜!」と車内で成り行きを見たがる妻たち。「回避して行けば?」というお友達パパの言葉にも「成り行きが見たい」と待つお友達ママ。……結局すぐに道は開放されましたが、一瞬にして数十人の警官が出てきたのにもビックリしました〜。


posted by こぐれっち at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント企画で多くを学ぶ

080421a.jpg19日(土)は娘の学童保育の歓送迎会がありました。毎年恒例のイベントなのですが、今年の役員リーダーは、この私。

まず会場を押さえて、お弁当と飲み物を手配すれば、当日はアドリブで?乗り切れるだろう、という非常にあま〜い見通しのもと、出席者を募ると88人も出席とのこと!う……

というわけで、大勢のご家族にご参加いただき楽しい会となりました(笑)

慣例に従えばたいして打ち合わせるポイントもないため、事前の準備は皆さんに相談しつつもほぼ私が仕切ってしまいました。しかし88人の人がどのくらいの飲み物を飲むのか(半分は子供ですし)、お弁当も出すけれどお菓子やおつまみはどの程度必要なのか、お弁当は男性にも女性にも喜ばれるようなものとはどんなメニューなのか。アレルギーのある子供はどうしたらいいのか。限られた予算でいかに全員に満足してもえらえるのか……などなど。

こういった実践の中で学ぶことは実に多いなぁと感じるのでした。ファミリー向けの施設や宿を取材する中で、細かなポイントをチェックすることには多少なりとも長けているかなと自負しておりますが、基本にはどの施設・宿もこういった顧客満足に対しての果てない試行錯誤が繰り返されているのでしょうね。

080421b.jpgちなみにお弁当は少ない予算の中でも最も大きな部分を占め、昨年はホカ弁でした。たしかに皆で食べれば美味しいし、そこに質まで問う人はいないんですよね。だから(今年も適当にメニューの中から注文しちゃえばいいんだ)と思っていたものの、いざオーダーとなると、この凝り性な性格が災いし、いろんなお店を比較して、結局ここと決めた店まで直接弁当を見に行き、ついでに「20円プラスで○○もここに入れて欲しい」とか「子供用にはこの容器にこれとこれと、あとこんなのを入れて○○円でお願いしたい。」など、納得いくまで交渉してしまった私。お店の方も快くお引き受けいただき、感謝しております。(→写真は大人用)

会の中では自己紹介とビンゴを企画しましたが、ビンゴは子供たちも手伝ってくれて、どちらかというとビンゴそのものよりも、お手伝いができたということが子供たちの満足度を上げていたようです(苦笑)

080421c.jpg後半は本来まったりと過ごすため企画なしだったのですが、3年生の男の子が「落語やってもいい?」と言って始めたのを皮切りに、1年生の女子達は「みんなで合唱してもいいですか?」と。続いて娘たちの2年生は「ジャンケン大会やってもいい?」とどんどん提案してくれてそのまま会を盛り上げてくれました。

少人数のクラスなので大勢の前で話したりするのは苦手かな、と思っていましたが、舞台に立ってジャンケンする娘を見て、またマイクを持ってお友達が「チョキの人、座ってください」など進行し、景品を配る係りもいたりして、そんな様子を見て小学生パワーってすごいなぁ、と感心しました。


posted by こぐれっち at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。