2008年07月31日

『信濃毎日新聞』(7/30)で、子連れ(赤ちゃん連れ)旅行についてコメント

080801a.jpg7月30日の『信濃毎日新聞』に「子育て家族 一泊旅行でリラックス」というテーマでコメントを掲載させていただきました。

今回は特に赤ちゃん連れ(0〜2歳ぐらい)の旅行を対象としたものだったのですが、ちょうど同テーマで各旅行会社の皆さんに取材をすすめている最中だったこともあって、ナイスタイミング。赤ちゃん連れ旅行に関してあらためて考えることができる良い機会となりました。

私の周りには旅好きの友人が多いので、「子供ができても変わらず旅行をしているわ。」というママも多いのですが、しかしその一方で、取材を通して知る実状には、子連れ旅行への一歩目を踏み出せずにいるママや、一歩目でつまづいて“子連れ旅行”そのものを敬遠してしまっているママも多いことを実感しています。

旅をテーマにお仕事させていただいていると、ご紹介したい国、地域、宿もたくさんあります。もっと楽しい観光、もっと素敵な国、もっと上質な宿、と留まることがありませんが、「子連れ旅行」を考えるとき、やはりこうした“お出かけに躊躇しているパパやママ”が「これなら大丈夫かも。行ってみようか!」と思えるように、いつでも背中を押してあげられるような存在でありたい!と思うのでした。

信濃毎日新聞

【関連記事】
赤ちゃんと一緒の夏旅プラン
「ウェルカムベビーのお宿」認定とは?
「子連れ歓迎の宿」は本当に家族に優しい?
posted by こぐれっち at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

温泉ソムリエとしての初仕事(!?)

080730a.jpg普段は「子連れ旅行」に関する記事を書かせていただいている「All About」ですが、今回“温泉ソムリエ”としてコメントしたものを「肌の悩み・対処法」ガイドの長嶺さんの記事でご紹介いただきました。

この中でおすすめしている桜田温泉は、私も伊豆に実家がありながら数年前に知ったばかりの温泉なんですけど(とってもアクセスしやすいか、と言うと微妙だからでしょうね)。「源泉旅館 山芳園」では、源泉脈から直接「加水しない、空気に触れない、圧力も抜かない」独創的な装置で、地下深層源泉のまま湧出させています。

伊豆の温泉もバカにはできないと、うなっていただける宿ですよ!

夏の休暇に行きたい!美肌にいい温泉〔肌の悩み・対処法〕
posted by こぐれっち at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

Chibi+Us?(〜夏ネタ掲載情報〜)

オールアバウトに、子連れファミリー向けの「チビタス」というWebマガジンがあるのはご存知でしょうか。
080725a.jpg

命名由来は「Chibi+Us」で“チビタス”なんですよ。

夫婦二人(Us)の生活に子供(Chibi)が加わり、新しい生活になる。そこで必要となる情報をまとめて紹介しちゃおう、というようなWebマガジンです。

さて、実はバタバタしていてご紹介もできずにおりましたが、夏休みを前にここ数回、おでかけや旅行がテーマの特集が掲載されていました。私も過去記事を含むいくつかの記事を紹介させてもらっています。今回の特集のために新記事も執筆させていただきました。

遅ればせながらここにご紹介させていただきます。

チビとはじめてアウトドア
080725b.jpgアウトドアは苦手なパパ・ママでも、気軽に自然を楽しめるとっておきの遊び&アクティビティをご紹介。

〜執筆記事〜
搾りたてミルクでアイス作り!
ホテルに泊まって里山遊び!

ベビーと夏旅、サクセスマニュアル
080725c.jpg初めてのベビー連れの旅。行き先の選び方から、予約、マナーまで、パパ・ママが知っておきたいポイントをご紹介。

〜執筆記事〜
□旅の基礎知識編
子連れ歓迎の宿ってどんなもの?
□プランニング編
失敗しないプラン選びのコツは?
□準備編
困った客にならないための宿予約って?
□出発編
移動中や旅先・・・、気をつける点は?

チビと屋内プレイスポットへ
080725d.jpg暑さが続く夏は、子供を連れて遊びに出かけるのもひと苦労。そんなときに利用したいのが、親子で楽しめる屋内型プレイスポットです。

〜執筆記事〜
ファンタジーキッズリゾート稲毛店(千葉)
こどものあそびばピアレッテ(東京)
大宮 大成 鉄道村(埼玉)

現在、“アウトドア”の特集を掲載中。他もバックナンバーとして残っていますので、いつでもご覧いただけます。 
posted by こぐれっち at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

東京オペラシティコンサートホールで、キッズコンサート

7月21日の海の日は、またまた申し込んだdocomoのクリエイティブキッズコンサートが当たったので、子供達と初台にある東京オペラシティに出かけました。
(→ 前回のコンサートの様子はこちら

前回とはまた違った内容で楽しめ、こうなると毎回申し込みたくなっちゃいます。娘たちは前回のコンサートで演奏された「ジャック(パイレーツオブカリビアン)の曲、また聴きたいなぁ〜」と話していたら、最初の一曲がまさにこの曲で、大興奮!


子供が飽きないよう、途中でオーケストラをバックに合唱したり、ストローを使った楽器で演奏に参加したりと、今回も盛りだくさんの内容でした。同コンサートホールの正面にある大きなパイプオルガンを使った「オペラ座の怪人 序曲」や、「のだめカンタービレ」でおなじみとなったベートーヴェンの「交響曲第7番より第1楽章」などは大人にも聞きごたえがあり、さすが東京フィルハーモニー交響楽団!もっと聞きたかった〜。でも子連れではこのぐらいの時間(1時間ちょっと?)が限界なのでしょうね。

今回は早めに並んで比較的前方の席をGET!コントラバスを見て「ママ、バイオリンの大きいのがあるよ!」と4歳の娘がビックリしていました。これまた良い勉強になったようです。
(※場内が撮影禁止だったので写真がありませんが、素晴らしい会場でした!→詳細はこちら

080723a.jpg終了後は表のサンクンガーデンにて、縁日のような催しがあったため、少しだけ立ち寄りました。

広場ではパントマイムやコメディ、ワールドミュージックなどを見ながら、お茶タイム。

080723b.jpg 080723c.jpg


小さなチョコバナナが50円、ジュース(小さな缶)も30円と非常に良心的な値段でいろいろ販売されている中、ふと目に入ったのが美味しそうな焼き鳥屋さん。
080723d.jpg

1本100円かぁ〜。

ん?2本+泡盛で350円?

080723e.jpg

もちろん、即購入♪

今夏は沖縄へ行く予定はないのですが、春に石垣島で飲んだ泡盛を思い出しながら3連休最終日の午後を過ごしていました。
posted by こぐれっち at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

All Aboutガイド、勤続5周年!

去る7月19日(土)は、私が連載している「All About」の年に一度の恒例行事「Red Ball Japan」が銀座で開催されました。(会の名前は同サイトのロゴマーク、赤玉に由来)

現在、All Aboutのガイドは約470名。海外や地方に在住の方も多く、また仕事の都合などもあって毎回出席者はこの1/3ぐらいですが、それでも多分野に精通しているガイドの皆さんと一度にお会いでき、お話を伺える貴重な機会ですので、私はガイド就任以来毎回出席させていただいています。

毎年いろいろな趣向があるのですが、今回は縁日風な会場で射的や輪投げなども楽しめ、ドレスコードは「浴衣かアロハ」って(笑)しかーし!なんとこんな楽しい日にデジカメを忘れたという使えない私。(ちなみに私はどちらでもない平服で参加しちゃいましたが)

というわけで、画像なしです。
「ロングステイ・海外移住」ガイドの千葉千枝子さんのブログに私も一緒に撮っていただいた写真が掲載されていましたので、もしご興味があればこちらをご覧いただければと思います。→こちら

実は射的は当たったことがない私。でもせっかくだしダメ元で、と「日本の宿」ガイドの井門さんのレクチャーを受けたあとに挑戦してみたら、なんと百発百中で当たるじゃないですか!すごい、井門さん!ありがとうございました(笑)

「大当たり」の札をねらって、素敵な商品を二つもいただき上機嫌な私。さらに今回もうひとついただいたものがあります。それはガイド就任5年でもらえるという記念のバッチ↓
080722b.jpg

「嬉しいけど、これ何に使ったらいいの?」と同社の担当者に話すと「やっぱりそう思います?現金とかの方が良かったですか?」と笑っておられましたが、いえいえ、とっても嬉しいですよ!同サイトで連載を5年間続けてきたことに対する勲章ですもの!

思い起こせば、一番大変だったのは次女の出産前後ですね。予定外の早めの出産になってしまったために、事前に書いておくべき記事の準備ができておらず、退院後即日より仕事を開始したこと。抱き癖のついてしまった次女を膝の上に乗せ、前かがみになって母乳を飲ませながらパソコンをたたいていた日々も、今となっては懐かしい思い出です。

ガイド就任後は海外を含む多くの場所で、たくさんの人とふれあい、貴重な体験をいっぱいさせていただきました。ガイド仲間をはじめとする多くの信頼できる皆さんとも知り合うことができ、その全てが今の自分の財産になっていると感じています。これからもどうぞ皆様、よろしくお願いいたします。

080722a.jpg

※「Red Ball」終了後、「暮らしの歳時記」ガイドの三浦さん、「世界遺産」ガイドの長谷川さん、そして我が師匠「世界のエアライン」ガイドの秋本さんの4名で。


2008年07月22日

デイキャンプでアスレチック!

なかなかブログの更新ができずにいましたが、少し振り返っていろいろご報告を。

まずは7月13日は、学童保育(この辺りでは「育成室」と呼ぶのですが)の夏恒例のデイキャンプへ行ってきました。

080721a.jpg今年は千葉県の清水公園へ。娘達は初めて乗るつくばエクスプレスを楽しみにしていたのですが、「意外と普通」と拍子抜けした様子(笑)

今年は迷子にならないようにと皆でTシャツをおそろいで作ったのですが、これがけっこう良かったです。「赤」だったから目立つし。



そして今年はバーベキューではなくカレーを作ろう!ということになりまして、業務用の大きなカレーのルーもたっぷりと用意。
080721b.jpg 080721c.jpg
「カレーなら子供達にもくるくるかき混ぜさせたりできるね〜。」なんてのんびり構えて、ダラダラ話しながら班ごとに火おこし。うちの班はなかなか良い火加減で調理が進んでいたのですが、ふと隣に目をやると・・・


きゃー!!Eちゃんママ、危なーいっ!!(爆)
080721d.jpg

カレー作りってけっこうワイルド。(っていうか火加減間違ってるよ〜 !!)

080721f.jpg 080721g.jpg

とかなんとか言いながらも、全班無事にカレーができました〜。ボイルしたウインナーをのせて出来上がり♪長女の学年は参加率が低かったものの、仲良しのEちゃんと一緒だったので楽しそうでした。

食後は各自アスレチックへ。これがけっこう本格的なコースで(→詳細はこちら)私は次女と遊んでくれる1年生の女の子達と一緒に比較的低年齢でも遊べるファミリーコースへ。にしても、4歳の娘、想像以上に健闘!
080721h.jpg 080721i.jpg

そうか。4歳にもなるとアスレチックもここまで楽しめるんだな。

・・・さて一方、Eちゃんと飛び出していった長女。すれ違うママたちに、「Hちゃん(長女)、すごいよ〜」と苦笑されたりしていたので、何をしていたのかと思いきや、「ママ〜たいへーん」とずぶ濡れになって戻ってきました。なんでも「水上コース」で落ちまくったらしい。

こんな人が他にもいるらしく、同公園ではシャワー室も完備。助かりました。

帰宅後2日間ぐらい「筋肉痛でおなかが痛い」と言っていたけれど、娘よ、もう少し運動神経を磨くように。
posted by こぐれっち at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

住みたくなる街

神戸取材より戻りました。今回は神戸国際観光コンベンション協会主催のプレスツアーに参加させていただいたのですが、各媒体のもつ特色に合うようにと個別のリクエストに応えていただくことができ、短時間ではありましたが効率よく取材を進める事ができました。

夜は宿泊したホテルのある麻耶山から見る夜景を楽しみにしていたのですが、天候の関係でこれが“全く”見えず!お天気自体は悪くなかったものの、山頂が夜になってものすごい霧になってしまったのです。夕食後あきらめ切れずにいると、「少し下ってビーナスブリッジからなら見られるかもしれないわよ」と、急遽女4人でドライブに繰り出しました。学生気分でちょっとワクワクしたりして(笑)

街を挟んで海も山もある神戸。古きものと新しきもの、日本のものと外国のものが絶妙のバランスで交じり合い、いかにも観光客向けというお店は少なく、地元の人と観光客もうまい具合に混在している。震災後、一時は激減した人口も今では震災以前よりも増加しているのだそう。

東京にいるせいもあり、取材や観光で「街」を訪れてもあまり感動はないのですが、神戸は住みたくなる街ですね。

080719b.jpg 080719a.jpg

子連れの観光も楽しめそうなポイント満載。こちらは近日All Aboutにてご紹介予定です。
posted by こぐれっち at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

神戸に行ってきます!

明日(というか日付はもう今日ですね)、夏休み前の最後の取材で神戸に行ってきます。

久しぶりの神戸。どのように変わったか楽しみです。せっかく温泉ソムリエにもなったことだし?ちょっと足を伸ばして有馬温泉にも立ち寄る予定なんですよ。

さて、少し仮眠してから出かけるとしましょう。
posted by こぐれっち at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

「くいだおれ太郎」の思い出

昨日閉店した「大阪名物くいだおれ」。4月の閉店発表以来、経済効果が数億円と評価された同店のシンボル「くいだおれ太郎」は、連日人の波の中にありました。

私も大阪に行くと何回か同店の前を通り、「あ!」と“彼”を指差していた気がします。が、しかしさすがに写真は撮ったことないな〜

……と思っていたら、ありました!(笑)
080709a.jpg

もう13年も前ですが、出身高校の野球部が夏の甲子園に出場し、皆で応援に行った際に観光して撮った1枚です。

いつもそこにあったものがなくなるのは淋しいもの。“彼”は大阪の象徴でもあったのでしょう。こんなふうに記念写真が残っているのが良い証拠です。地元の方々の思いはまたそれとは違うのかもしれませんが。

ただ、今回姿を消してしまったことで、「大阪」という場所だけでなく、「あの頃」という時代を振り返るときにも、たくさんの人に思い出される貴重な存在になったのではないかと思います。私も今回の写真を発見して、当時を懐かしく思い出しました。
posted by こぐれっち at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

空飛ぶことを愛する人々

飛行機に乗ることを“空の旅”というように、私も旅の一部として飛行機の中で過ごす時間をいつも楽しみにしています。そう話すと「所詮移動手段だろう」と否定されることも多いのですが、そうですか?だって、普段はあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、っていろんなことに焦って生活していますが、飛行機に乗っている時間って、『快適な空の旅』をCAはじめ多くのスタッフがサポートしてくれる。フライト時間が長ければ、最新の映画が見られたり、本を読んだり、子供と外の景色を眺めたり。そうこうしているうちに上げ膳据え膳で食事や飲み物まで運ばれてくる。こんな夢のような時間を過ごせるのが「雲の上」だなんて最高じゃないですか!

080704a.jpgさて、昨日はそんな空の旅に関係の深い皆さんと銀座でお会いしてきました。まず最初に待ち合わせをしたのは、飛行機ファン憧れのエアバスA380に関しての本も出版され、テレビやラジオなど各メディアでもご活躍中の秋本俊二さん。All Aboutでは「世界のエアライン」ガイドを担当されています。

その後、汐留でお仕事を済ませた古屋江美子さんと、鳥海高太朗さんも合流。お二人ともAll Aboutのガイド仲間で、古屋さんは「美食の旅(海外)」、鳥海さんは「エアチケット・マイレージ」を担当されています。


お酒も進むと、「一緒にどこか行きたいね〜」なんて、やっぱり旅の話になります。一緒に出かけたら、毎日飲んでそうですけどね(笑)
それも楽しそうだなぁ♪

さて、今回は秋本さんの最近出版された2冊の本を持参し、ちゃっかりサインをお願いしました。
080704b.jpg 080704c.jpg

「エアバスA380まるごと解説」の第1章「就航」は、2007年10月25日の世界初就航便の密着ドキュメント。秋本さんの書くものは、いつも読み進めるうちに自分も飛行機に乗って旅している気分になれるという不思議な魅力があります。今回はこの歴史的な瞬間を臨場感たっぷりに体験でき、もうすっかり私もA380に乗った気に(笑)忙しくてなかなか旅に出られない、なんて方のストレス発散にもおすすめですよ!

エアバスA380まるごと解説
いますぐ飛行機に乗りたくなる本



posted by こぐれっち at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。