2008年10月17日

11月24日(月・祝)は、「サンス・エ・サヴール」のお子様ウェルカムデー!

いつだったか、友人が「明日は実家の母に子供を預けて、お友達と食事に行くの!とっても素敵なレストランなのよ!」と熱心に話していたのを聞いたことがあります。それが丸ビルの35階にある「サンス・エ・サヴール」でした。
081017a.jpg
同店は南仏モンペリエの三ツ星レストラン「ル・ジャルダン・デ・サンス」初の海外進出店。オーナーシェフを務めるのは双子のシェフ プルセル兄弟です。フルーツの爽やかな甘みや酸味のバランスで素材のうまみを引き立たせる「シュクレ・サレ」という手法を用い、食材の硬さと柔らかさ、冷たさと温かさといった絶妙な組み合わせで五感を刺激するフランス料理を提供しています。そして夜にもなると、店内の大きな窓からは素晴らしい東京の夜景を見下ろすことができます。

さて、こういったレストランですから、当然ともいえるかもしれませんが、通常は小学生以下の子供は利用できません。

が!しかし!

なんと11月24日(月・祝)のディナータイムに“お子様ウェルカムデー”を実施することになったというではないですか!特別に一日ダイニングを開放してくれるので、気兼ねなく食事を堪能できます。この機会に、家族でお洒落して出かけるのもいいのでは?

本企画には食育としての意味もこめられており、当日は3,500円の子供用のコースも用意。なお、まだコースを食べられない乳幼児の子供には食べ物&飲み物の持ち込みもOKという寛大な対応にも頭が下がります。

全国にレストランを展開し、同レストランを経営する「株式会社ひらまつ」によると、同社では「“料理を通してフランス文化を日本に伝えること”を使命としており、お子様の皆様にも早い段階からレストランでの食事を経験いただき、マナーや目に鮮やかなお料理に触れることで、食に対する関心を高めてもらうことを願っています。」とのこと。

個人的にはこんな企画ならばぜひとも今後も時々でいいから続けて欲しいわけですが、今のところは1日だけの限定企画!早めの予約をおすすめします。

「サンス・エ・サヴール」


posted by こぐれっち at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。