2009年07月31日

意外と楽しめるベタな体験 !? 〜水上でますのつかみ取りと、沼田でブルーベリー狩り〜

お友達と一緒に3家族、総勢11名で水上(群馬)の温泉へ行ってきました!

1日目は宿のプールで楽しみ、さて翌日は何をする?ということで近所を散歩していたときに
0907031a.jpg

「ますのつかみ取り大会」の看板を発見!

0907031b.jpg

でも、「駐車場下」ってなんか怪しい?
もしやビニールプールとかに放した魚をつかまえるのでは?

なんて疑いの目を向けながらも、とりあえず寄ってみようということに。すると・・・
0907031c.jpg

疑ってごめんなさい!ちゃんと川(利根川)でやっていました。

しかもこの川の水が想像以上にきれいでびっくり。足を入れると冷たくて気持ちいいし。
0907031d.jpg

網で上下仕切られた川の一部で体験したのですが、「手」で取るのでそうそう簡単にはいきません。でも魚の見つけ方やとり方のコツも丁寧に教えていただき、子どもたちも果敢に挑んでいました。時間制限も特にないため、コツをつかんだ男の子たちは最後には自分だけの力でなんどか捕獲に成功。

大人も、何気にかなりはまっていました(笑)

一方、女の子たちは、つかまった魚をなでなでしたりして、水遊びしていた感じですが、時折目の前を泳ぐますを見つけて追いかけまわして大はしゃぎ。

我が家の5歳児も当然自力での捕獲は絶望的。最後にパパと一緒に1匹捕まえたので、「あ!見せて見せて〜!」と声をかけると、慌ててしまったのか、手からますが逃げてしまい、(あらら残念)と私があきらめた瞬間、なんと彼女の人生最大の反射神経?を使って、川に落ちて逃げようとするますをものすごい勢いでつかんで持ち上げました(笑)

0907031e.jpg

一度つかまれていたので、弱っていたのが幸いしたのでしょうが、本人は「ひとりで取れた!」とご満悦。

取った魚は申し込みした人数分だけさばいて炭火焼にしてくれます。「今日はすっごいうまく焼けた♪」とスタッフさん。そう言われるとちょっとうれしい(笑)
0907031g.jpg

子どもは食べないかな、と思ったら
0907031f.jpg

かぶりつき!!


臭みもなく、身がホクホク。丁寧に焼かれていたので、大人は骨まで食べてしまいました。

今年は8月10日までということなので、あと少しですが、これだけ遊んで食べれて500円はとってもお得。お堀?に放された魚のつかみ取りは前にも経験していますが、「川」での方が断然楽しいですね。



そして、そのあとは車で沼田へ移動。次はブルーベリー狩りです。実はブルーベリー狩りって我が家は初体験。道具も要らないし、皮もむく必要がなく種もない、おまけに子ども目線で摘めるとあって、これはたいへん子連れ向きですねぇ。
0907031h.jpg

ここでも特に時間制限がなく、食べ放題&お土産用のカップにいっぱい摘んで持ち帰ることもできて1人662円(通常今の時期は735円のところ宿でもらった10%の割引券使用)。さらに絞りたてのりんごジュースもサービスしていただき、大満足!このジュースがあまりに美味しかったので、瓶に入ったものを購入して自宅への配送をお願いしました。他にもりんごが丸々1つ入った「はらだのくーへん」も買ってみましたが、とっても美味しかったですよ。
0907031i.jpg 0907031j.jpg

・・・というわけで、ベタな体験も意外と楽しいもんだなぁ〜♪と実感。

水上では廃業している旅館なども目立ちましたが、温泉や自然がすばらしい土地ですので、ぜひがんばっていただきたいと感じました。

今回宿泊したホテルの温泉は「カルシウム・ナトリウム―硫酸塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)」ということで、春に火傷した足が完治していない娘にも合う良質の温泉だったので、また近いうちに遊びにうかがいたいと思います。

■ますのつかみ取り大会→源泉湯の宿 松乃井
■ブルーベリー狩り→果実の里 原田農園

posted by こぐれっち at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

子どもたちと日生劇場へ

0907027a.jpg姉に誘われ、25日(土)は子どもたちをつれて、日比谷の日生劇場へ。

同劇場では夏休みにはファミリー向けの演目が用意されており、私たちが観たのは「ちいさな山神スズナ姫」というミュージカル人形劇でした。テレビ画面でみるのとは違う、声や音、ダンスやライティングなどによる臨場感や会場の一体感のようなものを感じられて、子どもたちもすっかり話にのめりこんでいました。

ちなみに人形を動かしていたのは、あのひょっこりひょうたん島の人形劇団だったそう。帰りにはロビーで見送りもしてくれたので、一緒に写真も撮れてご機嫌な子どもたちでした。出演していたパパイヤ鈴木さんもとってもユニークでしたよ!

夏休み中には、まだ「シンデレラ」(バレエ)と「かぐや姫」(ファミリーステージ)が公演される予定です。楽しめるだけでなく、劇場でのマナーを子どもたちに伝えるにも、いい機会になるのではないかと思います。

日生劇場
posted by こぐれっち at 14:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

NHK教育「すくすく子育て」に出演

本日放送のNHK教育テレビ「すくすく子育て」に出演させていただきました。

「赤ちゃんと夏のドライブ」ということで、楽しむためのノウハウやちょっとしたコツをご紹介させていただきました。今回ブログでの紹介が放送後となってしまいましたが、7月31日(金)11:30〜11:59に再放送がありますので、よろしければご覧ください。

0907025a.jpg今日、実は友人から放送前に電話があり「もしかしてテレビに出る?」というので「何で知ってるの?」と聞き返すと、「(某)新聞のテレビ欄に写真が出てるよ」と。(※写真右)

名前が載っているわけでもないのに私だと気づいた彼女はすごい。(丸い体系で気づいたのか!?)

0907025d.jpg番組内では時間の関係上、ご紹介しきれなかった内容も「すくすく子育て(7月号)」に詳しく掲載されています。すでに8月号が発売されていますので店頭では購入できませんが、バックナンバーとして購入可能です。→こちらより

というわけで、内容は番組や雑誌でご覧いただくとして、ここではちょっと裏話を!

MCは照英さんとつのだりょこうさんです。

照英さんはもっとマッチョなイメージを持っていたのですが、画面を通して見るよりもずっときれいで繊細なお顔立ちに見とれてしまうほどでした。しかも、実は収録当日、直前の打ち合わせの時になって彼の着ていた服が上下ともほぼ私と同系色であることに気づき、(まずいなぁ〜)と思ったのですが(私も一応、別の服を持っていたのですが、これが微妙にりょこうさんと色がかぶるという不幸な話…苦笑)、収録の時には彼が何も言わずに洋服を変えてきてくれたのでした。収録中も私が緊張しないように要所で声をかけてくださったり、合間の時間には夏の家族旅行の計画について話をしたりと、気遣いのさりげなさをうれしく思いました。

0907025b.jpgりょうこさんは、1999年4月〜2003年3月にNHK教育テレビの「おかあさんといっしょ」で18代目うたのお姉さんをつとめた女性です。我が家の9歳の長女にとってはまさにドンピシャな「うたのお姉さん」。私も何度かコンサートに行っていたので、憧れの存在なのです!(笑)というわけで、収録後にお願いして写真もパチリっ!

・・・スタイルもよく、本当にかわいらしい女性です。でも彼女もママなんですね。ママでもこんなにスタイルいいなんて……。

彼女もとてもフレンドリーな方で、撮影の合間には照英さんと一緒に夏の旅行はどこがいいか、なんて話で盛り上がりました。


0907025c.jpgあと、そうそう、番組内で作ったお料理を収録後に食べさせていただきました。これがとっても美味しかったですよ!子どもと一緒の料理って包丁や火を使うものは危ないし、何かないかと思っていましたが、これなら一緒に楽しく作れそう!

素敵なお二人の間で、まん丸な私が少々お見苦しいですが、再放送、お時間が合えばぜひご覧ください!

すくすく子育て(NHK教育)
posted by こぐれっち at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

「週刊文春」で“子どもと楽しむホテルの朝ごはん(首都圏)”でコメント

0907023a.jpg7月23日発売の「週刊文春」(7月30日号)の「今週のBEST10」のコーナーで、今回のお題「子どもと楽しむホテルの朝ごはん(首都圏)」のランキングを決めるための選者の1人としておすすめのホテルレストランを推薦させていただきました。

ホテルの朝食ってテンション上がりますよね。娘たちは目の前で焼いてもらえるオムレツやフレッシュジュースがあると喜んでいますが、最近私は旅先では和食の朝食も好んで食すようになりました。特に「朝粥」の美味しいレストランがあるとうれしいです。夜に食べたり飲んだりしすぎるのか、はたまた遊びすぎて疲れが胃にたまってしまうのか……。さっぱりめのメニューを好むのは年のせいもあるのかも(笑)

あとは個人的には新鮮なフルーツがあって、食後に美味しいコーヒーが飲める、景色のいいレストランだったら最高かな。

皆さんはいかがですか?

週刊文春

2009年07月22日

日食

今日の日食は皆さんどこで見ましたか?

我が家は「日食グラスがなくちゃ見られない!」と言って、子供たちも自宅でスタンバイ。しかし空は朝から厚い雲がひろがり、日食はおろか「そもそも太陽はどこ?」と言う始末。

それでも一応、時間になるとベランダに椅子を出して子供たちと暗くなる様子だけでも体感を・・・と思いましたが、これが微妙に暗くなるだけで、「これだけ?」と拍子抜けした様子(苦笑)
0907022a.jpg


すると、座間味島の古座間味ビーチで観測しているお友達から携帯にメールが。
0907022b.jpg

さすがに携帯の写メなので太陽の撮影には限界はありますが・・・あちらではかなり暗くなって、写真にも写っていますが太陽の周りに虹が出ていたのだそう。神秘的ですねぇ〜

いいなぁ。私も次の時にはきちんと観測できるポイントへ行って見てみたい。

国内では次は再来年に北日本で部分日食が見られますが、それよりもその翌年(2012年)に見られる“金環食”が楽しみ!!このときは関東でもきれいに見られるようですよ。その日まで、今回活躍の場がなかった日食グラスは丁寧に保管しておこうと思います(苦笑)

金環食
posted by こぐれっち at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

マッスルミュージカル 2009夏の新作公演 祭−MATSURI−を鑑賞

0907021a.jpg7月18日から始まった、マッスルミュージカルの夏の新作公演 「祭−MATSURI−」を子供たちと鑑賞してきました。

お友達の親子と一緒に行く予定だったのですが、急遽そのママが病院へ行かねばならぬ事態となったため、4人の子沢山ママ気分で出発!(笑)私1人の引率に多少の不安もありましたが、公共の場でも大騒ぎすることもなく到着することができ、みんな大きくなったなぁ、と実感(少々、親ばか)。


0907021b.jpgさて、今回の目的地はもちろん渋谷の専用劇場「マッスルシアター」。“祭”をテーマにしたエネルギッシュな公演は、アクロバティックなショーやミュージカル、コミカルなショーなど多彩な演目が舞台装置とともにめまぐるしく変化し、セリフのない構成や観客も参加して楽しむダンスなどが、小さな子供にも分かりやすく飽きずに最後まで楽しませる内容となっています。

中でもギネス記録保持者が、更なる記録更新に挑むのを目の前で見られるのも今回の公演の特徴のひとつ。この日もヘッドスピンの記録が更新されました。(公式なものかは不明ですが…)

お友達の女の子は、女性出演者の華やかな衣装を見て「私はあのお姫様の服がいい……」とうっとりしていました。

前回に引き続き、またうちでは「オハラショウスケダンス」がバスタイムなどに姉妹によって合唱され、踊られています。

“朝寝、朝酒、朝湯が大好きで〜、そ〜れで身上をつーぶした、あぁ、もっともだぁ、もっともだ”って…。


耳が痛い。


マッスルミュージカル

posted by こぐれっち at 15:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

沖縄より戻りました。

沖縄から戻りました〜!
0907018a.jpg


沖縄は大好きな場所なので、何度か訪れていますが、今回も新しい発見や気づき、いい出会いにも恵まれて楽しい旅になりました。おいおいレポート記事もアップしていきたいと思います。

――例えば、こんなものを食べたり
0907018b.jpg


――こんなものを作ったり
0907018c.jpg


――こんなものに心洗われたり
0907018d.jpg


楽しかったなぁ〜


そしてあわただしく金曜日を過ごしたら、もう明日から娘の小学校は夏休み。仕事が終わってのんびりお茶を飲んでいたら「ポケモンの映画の前売り券が今日までだから買ってきて!お願い!!」と懇願され、セブンイレブンへ。なんでも特典があるのだそう。よく分かりませんが、きちんとお礼を言ってくれたので良しとしましょう。

posted by こぐれっち at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

カメラ水没…(T_T)

沖縄に来ています。

0907015a.jpg


写真は、今の時間(朝)の海なので、まだ少しくらいですね。日中はエメラルドブルーの海にうっとり。

こちらは小学生の夏休みが始まる直前でどうかな、と思っていましたが、小さなお子さんをつれたファミリーがたくさん遊びに来ています。ホテルの稼働率もこの時期はむしろ夏休みにはいったあとよりも高いのだそう。

そういわれてみれば、我が家も娘が小学生になる前は7月、または9月に沖縄に来ていたな〜、と。価格的に夏休み中より割安ですもんね。

・・・さて、昨日こちらに到着したばかりの私。
着後1時間でデジカメを海に水没させてしまい、少々へこんでいます(苦笑)修理できるのかなぁ・・・。ショートして、バッテリーもメモリーカード(XDピクチャーカード)もこげてるんだが(苦笑)

がくり・・・



さ、気を取り直して、元気に出動だぁ〜!!
posted by こぐれっち at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

久しぶりに東京ディズニーランドへ

先週末は、3歳以前の記憶を喪失し、“行ったことがない!”と主張する次女のために、浦安のホテルに前泊し(←こちらの様子はまた改めて)、久しぶりに東京ディズニーランドへ行ってきました。

たしかにTDLもTDSも長女1人のときはサークルのお友達なんかと毎月のように通いづめていたのですが、長女が小学生になると平日に行くわけにもいかなくなり、ここ1年半ぐらいは機会がなくて、次女が最後にディズニーランドへ行ったのは3歳の頃。それにしても何も覚えていないなんて……と思っていたら、要所要所で「なんかここ、覚えているような、いないような」とぼそぼそ独り言を言っていました(笑)

さて、なぜ夏休み前のこのタイミングを狙ったかと言うと、7月8日からは夏限定のプログラムが開始。記憶のない次女に、まずはパレードやイベントよりも、いろいろアトラクションを体験させてあげるには、この7月の合間しかチャンスがない!とふんだわけです。

090707b.jpg
090707c.jpg

七夕グリーティングのミッキー&ミニー!

予想通り、たぶん普段の日曜日よりはかなり空いていたのではないかと思います。次女の乗りたかった「プーさんのハニーハント」も、長女の乗りたかった「モンスターズ・インク“ライト&ゴーシーク”」も、私の乗りたかった「スプラッシュ・マウンテン」も乗れて、他にも10個ぐらい乗ったかな。……しかし、疲れた〜(苦笑)

諸々タイミングもよく周れ、概ね思い通りでしたが、ひとつだけぬかったことが!

今回はとにかく行った人の話で「朝一で行くなら、モンスターズ・インクはファストパスを狙うよりも直接スタンバイの列に並んだ方がいい!(※)」と聞いていたので、レストランのショーなどは予約できないなと、あきらめていました。(※子供がいるのでオープン前に到着はしていたものの、慌てずに入園すると、その時点で“モンスターズ・インクのファストパスの列はシンデレラ城のほうまで伸びています!”とアナウンスあり。ちなみにこの日はスタンバイで1時間20分待ちでした。)

レストランが混むよなぁ、というのが心配で、プライオリティ・シーティングも開園後1時間以上経ってからでは、まず無理だろうしと、「モンスターズ・インク」の列に並びながら、入り口でもらったパンフなどを見ていると「ショーレストランの事前予約がインターネットでできる」と。げげ!そうなの?いつからよ!……久しぶりの利用だったのに、チェック不足でした!(苦笑)

でも、この日は空いていたので、レストランもほぼ待ち時間なく入ることができたのでホッ。子供たちも大満足な1日になったようで、めでたし、めでたし。

今回の教訓は「久しぶりに利用する施設の最新情報は必ずチェックしておく」でした〜

東京ディズニーリゾート
posted by こぐれっち at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内近郊日帰りお出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

JALが8月14日限定で、家族専用機「ファミリージェット」を運行

JALが8月14日限定で、ハワイに向けて家族専用機「ファミリージェット」を運行します。参加条件は12歳未満の子連れ限定。機内最後部に「授乳専用ゾーン」を設置したり、子供用の映画の上映があったり(帰国便)と家族仕様の機内アレンジとサービスが満載です。機内食(出発便)が、夕食は夜でもカラダにやさしい「Soup Stock Tokyo」コラボメニュー、そして到着前の朝食は、好きな時間に食べられる「BAGEL&BAGELの軽食」というのも魅力的。子供が半額、幼児(0〜1歳)が100円というのもとってもお得です。

丸々1機を家族限定にとなると、こんなお盆の時期しか機会がないのかもしれませんが、こういった取り組みが増えてくれると、海外旅行へのハードルが低くなっていいですよね。

我が家の娘たちもこの春で上が9歳、下が5歳となりました。女だけの姉妹であることもあるだろうし、長女がしっかりしてきたこともあり、最近は旅行中に“イラッ”とすることもずいぶん減りました(笑)

しかし、思い起こすと、長女が元気な幼児世代、その下に4歳はなれて次女が生まれたときは、私にあと3本ぐらい手があればいいのに、と思う毎日。旅行中もうちは次女が飛行機に乗ると泣くので本当に苦労しました。今だから言えますが、こんな「子連れ旅行」推進をしていながら、機内で1度ひどい目にあって以来、約1年、飛行機は避けて通っていたほど。(今では次女も飛行機好きになりました!)

今後もこういった取り組みが増えてくるといいですね。

家族専用機ファミリージェット(ジャルパック)
posted by こぐれっち at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。