2008年09月05日

キッズラフティング!

夏休みの体験の中で、私が一番心に残っているのは、北海道(ルスツ)旅行の際に娘達を連れて参加した「キッズラフティング」。

通常、ラフティングと言うと中学生以上、小学生高学年以上、なんて年齢制限がありますが、「キッズラフティング」が3歳以上から参加できるとあったため、4歳&8歳の娘も連れて参加しました。

コースも通常のコースとは別の、流れの比較的ゆるやかな川を下ります。時間も体力的なものを考えてでしょうか、1時間程度と短めです。

まずは班に分かれて簡単なレクチャーを受けて軽く練習。
080905a.jpg 080905b.jpg
その後、川へ・・・。

今回体験した川は、清流日本一にも認定されたことのある「尻別川」。「きれいだから飲めそうですけど、一応川なので飲まないでくださいね」と言われるほど、きれいな水は川底の岩もすっきりとうつしだしています。魚も見られるそうですが、素人なので発見できず・・・。
080905c.jpg 080905d.jpg

急流はなく、途中途中にちょっとした流れの速くなる場所がある程度。普通のラフティングとはこの辺は大きく違いますね。でも、浅瀬でつまると、「皆ジャンプして〜」と座ったままぴょんぴょん跳ねて進むのですが、子供達はこれが楽しくて、「また止まらないかなぁ〜」と楽しみにしていました。

荷物が持ち込めないため(自己責任で持ち込むのはOKみたいでしたが)、写真はスタッフが途中途中で撮影してくれたものをあとから購入しました。(CDに全部入って3,150円)途中のきれいな景色とか、子供達の表情がおさえられないのが、ちょっと残念。防水タイプのカメラが欲しいなぁ。

コースの2/3ぐらいを過ぎると、一度ボートを降りて、スタッフ監視のもと、流れが緩やかな場所で泳いだり飛び込んだりして遊びました。川に飛び込むなんて経験をしたことがなかった長女は大興奮で、何度も何度も飛び込んでいて、次女はパパに抱っこされて一緒にジャンプ!ライフジャケットをつけているので飛び込んだらそのままゆるい流れに身をまかせれば、先でスタッフが助けてくれるのに、次女を守ろうと泳ぎの苦手なパパが一生懸命かかえながら泳いで、結局自分が溺れてるのには笑いました(苦笑)

川の到着地からはバスで10分程度でホテルにもどります。最初の着替えからかれこれ2時間、程よく疲労していた次女。
080905e.jpg

CDに入った最後の写真は、熟睡する娘を抱えるパパの背中・・・でした。

ルスツリゾート(夏)


posted by こぐれっち at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ!ラフティングなんてできるんだ、すごい〜。
ラフティングだけじゃなくて、途中で川遊びもできるってところがいいよね。お子様たちも大満足だったことでしょう〜。

水中用ハウジング、ほしいでしょ〜〜。ホントに便利よ〜。日本製は実によくできているから感動!って、関係ない話でごめんなされ。
Posted by datte at 2008年09月05日 21:13
ルスツの「キッズラフティング」楽しそう!私も一昨年前ラフティングを体験してはまってしまいました。今ラフティングの会社で働いています。四国の吉野川ラフティングでは、フォミリーコースあります。楽しいよ!よかったら、遊びに来てください(^^♪
Posted by ラフティング大好き! at 2009年04月05日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。