2009年08月24日

麻布十番の祭りへ

連続、祭りネタですが、週末は「麻布十番納涼まつり」へ。

覚悟はしていたものの、今年もすごい人出!
090824a.jpg

駅を降りると「4番出口は大変込み合っております!別の出口より…」とスタッフ(警備員さん?駅員さん?)の声が響きわたっておりました。昨年は40万人の人出だったとか、今年は50万人を超えるんじゃないかという噂も。

ものすごい人の数で身動きがとれずにいる中で「毎年こうなるって分かっているのに来ずにはいられないって言うのがこの祭りはすごいよね」と苦笑い。

090824b.jpgここ(麻布十番)まで徒歩でも来られる場所に住んでいる私の姉と毎年行っているのですが、今年はパパも行きたいというので家族みんなで夕方からおでかけ。人の波に押されて酸欠状態になった次女は途中からパパの肩車でご機嫌でしたが、何かの拍子に倒れてはいけないので、後ろで私はヒヤヒヤでした。


「麻布十番納涼まつり」の目玉と言えば、世界各国、日本各地の料理が並ぶ屋台。今年は子供たちに食べたいものを決めてもらいました。人数も多かったので、いろんな種類のメニューを一口ずつたべたのですが、初めて食べて、美味しかったのはこれ↓
090824c.jpg 090824d.jpg

「シャーピン」300円。餃子の具を小麦粉素材の焼餅で包んで焼いたもの。(ちょっと違うかな?)

チヂミなんかよりも食べやすいのでこういった祭りにはピッタリ。ビールにも合いますしね♪あとはなぜか子供たちに熱望され、「ソースせんべい」などのベタな御菓子も買わされつつ、でも実はこの日一番美味しい!と思ったのがこれ↓
090824g.jpg

わらびもち(500円)。これ、お店の名前をチェックし忘れちゃったんだけど、どうも通常もデパートなどで購入できるよう。甘いのにしつこくなく、口でとろける感じがたまりません。甘みが変にのどに残らないので、この日、串焼きやらホルモン焼きやら、じゃがバタなどを食べ過ぎた最後のデザートとしても最高でした。

そして子供たちが眠くなる前にと早めに戻ってきたのですが、パパがまだ物足りなさそうだったので、近くお蕎麦屋さんでしめの一ざる(?)

ついでに、メニューに秋刀魚の刺身があったので注文。
090824f.jpg

脂がのっていて美味しかったです〜。風も涼しく、なんだかもう夏も終わりだなぁ〜…なんて考えながら帰宅したのでした。


posted by こぐれっち at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。