2006年07月12日

両親を都内に呼ぶ時の宿探し

我が家は東京都内にあります。
そして私の実家は静岡です。

孫ができ、狭いマンションに4人で生活していると、もうお客さんの寝るスペースがないんですよね。その一方で、子供が成長して、誕生日やら七五三やら習い事の発表会などのために両親を都内に呼び寄せる機会が増えてきました。

そこで最近はまっているのが都内の宿探し。

もちろん東京には高額を出せば素敵なお部屋もいっぱいあるわけですが、「旅行」というわけでもないのに高いお金は払いたくない、というケチな考えから、金額は「まぁまぁ」もしくは「安い」というあたりで、内容にこだわって宿探しをしています。

そこで最近分かったのは、シティホテルやビジネスホテルにも温泉や大浴場があったりして、これがまたなかなかすばらしい。
安くてしかも親の満足度が意外に高かったのは「ドーミーイン」(浅草、八丁堀、秋葉原、水道橋、目黒青葉台など)かな。

そして先日両親に泊まってもらったばかりで、ここって絶対に穴場だぁ!と思ったお部屋があるんです。オールアバウトの「子連れ旅行」で紹介させて欲しい、とお願いしたのですが、さすがに大人向けのコンセプトのお部屋なので丁重にお断りされてしまったのでした。(残念っ)

そのオススメのホテルとは「水道橋グランドホテル」です。後楽園、ラクーアのすぐ近くになりながら、あまり目立たず、また正直ものすごく高級感ある宿、という外観でもありません。ですが、このホテルの最上階に、たった1室なんですけど、庭園のある和風貴賓室「松園」があります。
060703B.jpg

まるで旅館のような趣のある入口、広々とした洗面スペース、大きめのバスタブ、浴室からは庭園や目の前にあるラクーアが一望でき、夜景も素敵です。トイレひとつとってもかなりお洒落。もちろんシャワートイレ使用。

お部屋は和風テーストですが、ベッドで寝ます。210cm幅のキングサイズのベッドは2人で寝ても広々。大きな液晶テレビもモダンです。
060703A.jpg

お庭を見ながらゆっくり湯につかる?
060703C.jpg

浴室から見える観覧車のイルミネーションが幻想的。
060703E.jpg
このお部屋が1室19,635円(2名利用)。休前日も同額です。この料金に食事は含まれていませんが、1名1,050円プラスで朝食がつきます。

そして、ここのもうひとつのオススメポイントは、お座敷がついていて、そこで宴会(10名まで)も可能だということ。女流画家最高峰の上村松園の「娘深雪」を飾ったお座敷は、とても上質な空間で、(これでは「子連れ」サイトで紹介はまずいな)と納得。もちろん、「子連れ」がNGなわけではありません。記事で紹介はできずとも、我が家も使わせていただきましたし(ピアノの発表会の後、両親へのお礼という形で宴会♪)。掘り座敷(って言うのかな?)になっているので、両親も楽そうでした。(意外に座敷で座っての食事は年配者は疲れるみたいですよね。)
060703F.jpg

和懐石プラン(8,400円)もありましたが、まぁまぁ、身内ですし(こちらにも予算もありまして・・・苦笑)、「満腹プラン」(4,200円)でお願いしました。このコース、いろいろ選べて楽しかったです。

料理は、まず大皿前菜か刺身盛り合わせが選べ、和洋中の複数のメニューから3品好きなものをお願いできます。この他に、メインは「すき焼き」をチョイス。すき焼きの場合はご飯ではなくうどんが付き、デザートも選べます。(メニューに関しては全員同メニューで要事前予約。)

大皿メニュー
060703G.jpg

「3品」は生春巻きと焼き魚と天婦羅をお願いしました。ボリューム的にも「これでもか」って内容(多目)ですが、味も期待以上。更にメインのすき焼きが運ばれた頃には「もうお腹がいっぱいだよ〜」と皆が口に出していて、それでもあまりに美味しそうで食べちゃうあたりが「満腹プラン」の名前の由来だな、などと感心(笑)
060703H.jpg
ホテルのスタッフの皆さんも大変親切で気持ちのよいホテルでした。

都内にご両親を招く時に、ぜひいかがですか?


posted by こぐれっち at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ宿&宿泊プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。