2007年12月10日

グアム取材・裏話(その二)

グアム2日目は早朝のロードレーススタートに合わせてAM4時起き。窓を開けると外はまだ真っ暗でした(当たり前?)。

支度をしてAM5時ごろホテルの1階に下りると、既にエントリーした選手たちがロビーやエントランス付近に集まっていました。のんびり過ごしている人もいればストレッチしたりしている人も。

スタートを見ようとホテルの入り口から少し離れたスタートライン近くに歩いていくと、なんといきなりスコールが!ええ〜!傘持っていないし、カメラが濡れたらまずい!と服の中に入れて隠すも、シャワーを浴びたようにふりそそぐ雨で服の中までびしょ濡れに。カメラは濡れても大丈夫なのだろうか(今のところ動いていますが……)
071208g.jpg
レース中もやんだかと思うと土砂降りになったりで、そのうち濡れてもなんとも思わなくなってしまいました。が、冷静に考えてカメラが濡れてはまずい!と思い、ホテルの方に傘を借りて再び撮影へ。

走っている人は大丈夫なのかな、と心配したのですが、今大会にゲスト参加されていた元オリンピック金メダリストのフランク・ショーター氏にお話をうかがうと「雨は観客には気の毒だったけど、走っている選手にとっては気持ちがいいぐらいなんだよ。実はグアムのように湿気の多い場所で長い距離を走るのは選手にとってはいい条件ではないんだ。だからあたたまりすぎる体を冷やすのにちょうど良かったんだよ。」と話されていました。

071208h.jpgレースが終わったころになって、徐々に青空がひろがり、ふと窓の外を見ると大きな虹がかかっています。

外がすっかり明るくなった頃、今度は表彰式もかねたイベントが行われました。

071208i.jpg
最初は立食パーティみたいな感じで出場者同士が交流を深め、その後は着席して華やかなショーがあったり、レース毎に入賞者(年齢別もあり)にトロフィと大きなメダルの授与があったり、大盛り上がり!

071208j.jpg記録はイマイチでも、エントリーナンバー(ゼッケン番号)をくじにしてプレゼントもあるので見逃せません。レース自体に多数のスポンサーがついているため、エントリー代(前日まで20ドル、当日25ドル)以上?と思うほど盛りだくさんの記念品がもらえるのですが、さらにこのくじでは食事券やお買い物券などがあたり、今年の目玉はオーストラリア旅行でした!今年の参加人数が1157名と言っていたから、1/1157でオーストラリアだなんて・・・エントリーすればよかった!(笑)

個人的には歩くのは好きだけど長距離を走るのは苦手。こういうレースって走るのが早い人が楽しむものと思っていましたが、まったく見る目が変わりました。「来年、会いましょう!」そう声をかけてくださったみなさんの満足そうな笑顔を見て、私もぜひ来年チャレンジしたい!と思ったのでした。→(続く)

子供とP.I.C.グアムでロードレースに参加!


posted by こぐれっち at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。