2008年02月06日

さっぽろ雪まつりの思い出

2月5日(火)〜2月11日(月・祝)の期間、北海道札幌市の大通公園をはじめとする3つの開場では、第59回目となる「さっぽろ雪まつり」が開催されています。今回は北海道洞爺湖サミットを5ヵ月後に控え、環境問題をテーマにした展示が目立つのだとか。28年ぶりに復活したスケートリンクも話題となっています。

「さっぽろ雪まつり」のために旅行したことはないのですが、実は過去に2回、この前後した時期に偶然札幌に立ち寄っています。どちらももう10数年前なのですが(苦笑)

一度は開催前日だったので、翌日の開催に向けて最終工程?と言う感じの作業中の雪像や氷像も多数ありました。でも前日と言うことで人も少なく、ゆっくり見られたので、ちょっとお得な感じがありましたよ。当時、全くノーガードで前日でも観光できたのですが、今でもそうなのでしょうか(未確認でスイマセン)。
080206a.jpg

毎年、その年の象徴的な雪像が多いのですが、↑これはたぶん「ファンタジア」ですね。(20年ぐらい前???……笑)

そして、対称的な体験をしたのは、開催期間終了翌日の午後に札幌についた年。まだ残っているかなぁ〜なんて期待して行ったのですが、潔いと評したくなるほど、すべての雪像が形を失っていて、びっくりしました。
080206b.jpg

見渡す限り、雪の山が点在・・・

冬の札幌にもしばらく訪れていませんが、「さっぽろ雪まつり」も子供たちと一緒に行ったら楽しそうですね。来年は検討してみようかしら。

さっぽろ雪まつり


posted by こぐれっち at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材裏話&関連雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。