2008年03月10日

“辛うま”なお店

080309a3.jpg先日もBlogに書きましたが、私は辛いものが大好き。

先日、友人でもあるイラストレーターのマスリラさんと一緒に、打ち合わせと称してランチへ行きました。すすめてくれたのが、行徳にある「冨ノ家」という韓国家庭料理のお店。

平日の、しかも昼の早めの時間に伺ったにもかかわらず、店内はすでに満席状態。女性客が多かったですね。そんな中、赤ちゃん連れのママグループも発見。そうよね、ママだって辛いものが食べたくなるのよ〜、うんうん。


080309a1.jpg 080309a2.jpg

料理を注文すると、キムチを含む10品前後のおかずがついてくるあたりも本場韓国のお店を思わせてくれる嬉しいサービス。

でも、おいしすぎて昼からジョッキビール(×2)を頼んでしまい、この日はちょっとした打ち合わせも兼ねていたのに、まずかったかな(苦笑)

080309a4.jpgさて、辛いものといえば、こちらは先日、子連れで行った近所の「庄や」のお子様メニュー。

最近の居酒屋にはお子様メニューがあって便利。野菜が少ない感じですが、大人の頼んだサラダを取り分けるなどすれば問題なしでしょう。

ただ、このチキンピラフ?っぽいご飯がかなり辛かったんですよね〜。コショウ入れすぎだったのか、毎回この味なのか・・・。気になるから近日また行ってみようと思います(笑)


posted by こぐれっち at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。