2011年08月19日

本日8月19日、東京ドームシティに屋内型キッズ施設「ASOBono!(アソボーノ)」など3施設がオープン!

1.jpg

本日、2011年8月19日(金)、東京ドームシティに屋内型キッズ施設「ASOBono!(アソボーノ)」と6つの店舗が揃うフードコード「GO-FUN(ゴファン)」がオープンしました。また、東京ドームシティ アトラクションズの「パラシュートランド」もリニューアルオープン

前日のプレス体験会に参加してきましたので、写真を中心にご紹介します。


続きを読む
posted by こぐれっち at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

GWの予定はお決まりですか?

さぁ、あと数日でいよいよGWですねぇ〜!

私は会社の移転で工事が入るため、人生初じゃないかな、と思うのですが、なんと今年のGWは10日連休です!さすがにテンションが上がります(笑)

旅行の予約がまだの方も大丈夫。特に国内旅行なら今年は直前予約にお得な内容や料金のものが多く、またそれらを便利に探せるように予約サイトも例年以上に工夫がされています。いつもなら当然満室になっている人気の宿で「緊急値下げ!」なるプランが出ていたりするのも例年との違いですね。ただし、4月中旬になってからの予約が急増していますので、目当ての宿があるなら早めに決めたほうがいいかも。(とはいえ、もう十分“直前”なんですが)

★GWの宿探しにおすすめ
・じゃらん「GWに泊まれる宿

・楽天トラベル「ゴールデンウィーク 怒涛のFINAL SALE
       ディスニーリゾートへ行くなら ここもチェック

いろいろ比べて探すなら「トラベルコちゃん」が便利。お得感にこだわるなら、グルーポンポンパレなどもチェックしたいですね。

ちなみにGWは使えないかもですが、個人的には今ならこれすごくお得な気がします ↓
横浜ロイヤルパークホテル(ポンパレ) 通常59,598円を14,000円(1名7,000円)
 52階以上で夜景を楽しむデラックスツインシティビュー朝食付ペア宿泊
 (※4月27日正午まで販売中)

イベントもいろいろあるので、都内〜近郊まで積極的に足を運びたいと思っています。今興味があるのは…

パイレーツの大冒険(汐留・日テレ)
史上最大のワンピースイベント!ワンピースドームツアー(東京ドーム)
全国ご当地グルメ祭2011(よみうりランド)
ペット博(パシフィコ横浜)

などなど。

私は前半は旅行、後半はイベントを楽しむGWになりそうです。
posted by こぐれっち at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

いよいよハロウィン!

All Aboutに『今からでも間に合う!家族で楽しむハロウィンイベント』を掲載中です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/290904/

まだ何の準備もしていない、というご家族でも楽しめる内容ですので、是非ご覧下さい。

日本でも既に定番となりつつあるイベント。私の周囲でも最初は子供たちの仮装がかわいいから、お菓子を喜ぶから、というところから始まり、親もちょっとだけ、と少し仮装をはじめたら、年々凝った衣装やメイクの大人が登場して、いまや子供のためなのか大人のためなのか分からない盛り上がりようです(苦笑)

皆さんもぜひ、お子さんと楽しめる今だからこそ、このちょっと非日常的なイベント?を楽しんでください!しかも今年は週末。参加しないのはもったいないですよ〜
posted by こぐれっち at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

夏のUSJでずぶ濡れ体験(苦笑)

この職業にありながら、アウトプットが全然追いついていない状況を改めて反省しつつも、あまりにこのままではブログが暗いので、1ネタ書いていこうかと・・・。

7月上旬に久しぶりにUSJに行ってきました。「濡れますよ」とは言われていたけれど、本当にずぶ濡れになりました。ポンチョ型のカッパ(って死語?)もあったけど、着てるとやっぱり暑くて、最初だけしかつかわなかったです。

どこで濡れるの?というと、まぁ、ほんと要所要所で濡れます。でもここまで徹底してると、もうなんともなくなるから不思議。

というわけでそんな濡れ場(ちがうか!)・・・ずぶ濡れシーンの一つをご紹介。

「ウォーター・ストリート・パーティ」に参加。
最初はキャラクターたちがかわいく踊っていたんですよねぇ・・・
100812a.jpg


そのうち、出ました水鉄砲!みんなキャーキャー言いながらも楽しんでます!
100812b.jpg


そのうちこんなのも出てきて
100812c.jpg
子供はずぶ濡れになる気満々(苦笑)


で、水鉄砲じゃものたりないとばかりに柄杓が登場して、この時点でがんがん水が掛かって大人はひえ~!
100812d.jpg


男性はこわい〜。そうそう、お姉さん、こっち来て〜
100812e.jpg


ん!?お・・・お姉さん!?ヽ(  ̄д ̄;)ノ
100812f.jpg
ひええええ!!! 



みたいな。

最初はびっくりしたけど、猛暑の今夏にはピッタリのイベントですね。
と、うまくまとまったところで、これにて。

ユニバーサル スタジオ ジャパン(大阪)


posted by こぐれっち at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

9月19日・20日は旅行博!

090918a.jpg今週末は、お台場の東京ビッグサイトで「旅行博」が開催されます。今日18日はプレス・業界関係者の招待日だったため、私も短時間でしたが行ってきました。

一仕事してから、昼ごろにでかけたのですが、まずは予約していたセミナーに参加。その後、ANAのブースでオールアバウトのガイド仲間でもある鳥海高太朗氏が講演するというので、慌ててANAブースへ。彼は「ANAわかりやすいニュース配信」で解説も担当。昨年秋にはスター アライアンスの公式ガイドブック「That's STAR ALLIANCE」や、ANAの公式ガイドブック「That's ANA マニュアル」の執筆も手がけました。

そして、今回の講演のお題?は「世界一周」です!
090918b.jpg

実際に行ってきたというスター アライアンスを利用した8泊11日(でしたっけ?)の世界一周旅行の様子を写真と共に紹介。これがとっても素敵な写真ばかりで、講演後「あれは自分で撮ったの?写真撮るのがすごい上手になってるよねぇ!」なる失礼な発言もしてしまったほど(ごめんなさいっ…苦笑)まるで絵葉書のような景色をみてしまうと、明日にもスーツケース片手に旅に出たくなります!

鳥海氏曰く、世界一周旅行のプランニングのコツは、絶対に行きたいところ、行きたいところ、寄れればいきたいところの3段階に分けて、まず何も考えずにそれを決めてからコースを検討するといい、とのこと。

驚くのはその価格です。100万はくだらないと考えてしまいますが、エア代のみとはいえ、エコノミーなら30万をきっているのだそう(※)。
※29000マイル以下、燃油サーチャージ、空港税、航空保料などは別途必要
庶民にも手が届く価格帯に、夢が広がります!

私なんかは旅するのと同じぐらいプランを考えるのがすきなのですが、そんな私に朗報!(笑

今日から12月18日までの間、スターアライアンス公式サイトより、「私が考える世界一周プラン」を応募すると、最優秀賞はなんと世界一周航空券、しかもペア!先ほどスカイプでアメリカにいる友人(ノースカロライナ在住)ともこの話で盛り上がり「ユナイテッドでNC来れるよぉ!」と。ヨーロッパはどこに?話題の南アフリカとかも行ってみたい、など考えるだけで楽しくなってきました。期間もまだ長いので、私も応募しちゃおうかな。→応募はこちらより

さて、遊びに行くだけでも楽しい今年の「旅行博」の見どころをいくつかご紹介しておきます。

090918c.jpg
ベルリンの壁崩壊20周年を記念してベルリンの壁を展示


090918d.jpg
実物大のコックピットで記念撮影。これは映画『ハッピー
フライト』の撮影で実際に使用されたものだそうですよ!


090918e.jpg 090918f.jpg
毎年恒例のホテルグルメ(写真撮るの忘れました〜)
や各国の料理が味わえるワールドレストランも点在


090918h.jpg 090918g.jpg
各国の衣装を着た人や、?というキャラも……(笑)
※写真の右ははパプアニューギニアのミスターマッド


090918i.jpg 090918j.jpg
各国のブースではゲームやスタンプラリー、体験教室
も楽しめます。写真はグアムのヤシの葉工芸です。
 

090918k.jpg
「クラブツーリズム」のブースには、宇宙旅行のための
「スペースシップ2」の模型が。これ、かっこいい〜!!


090918l.jpg
ポカリスエットの試飲もしていて、SOYJOY(ソイジョイ)が
1本好きなものをもらえました。ちょっと得した気分(笑)


今年最も力を入れているのは「アフリカ」。
来年は南アでワールドカップの開催もあるので、今一番注目されているエリアです。不景気の影響で海外旅行は今かなり苦しい状況ではありますが、政権交代による経済の活性化を祈念し、来年はみんなでアフリカに行きたいですね!

旅行博2009

posted by こぐれっち at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

駅レンタカー(Sクラス)が1日使っても2,000円!

前回のBlogにも書きましたが、先日お友達と一緒に水上に行ってきました。

その際に使用したのが、「ツーデーパス」。2日間フリーエリア内の普通列車や一部のバス、フェリーが乗り放題(詳細は利用前に要確認)で、運賃は5000円(大人の休日倶楽部会員と学生は3500円)。子どもはその半額以下の2,000円とこれまたお得。特急券を払えば特急や新幹線にも乗れるという優れもの。

水上まではそんなに遠くはないので、計算すると少し安くなるかな、程度ではありましたが、それよりも「むしろこっちのおまけ(?)のサービスの方がお得じゃない?」と思えるキャンペーンが実施されていました。それがこれ・・・
090804a.jpg

「駅レンタカー(Sクラス)が1暦日2,000円で利用できる」というサービスです。写真は駅の専用電話。

タクシーのワンメーターだって3回乗ったら2,000円以上するし。これはぜひとも利用しよう!(と決まったのは当日朝、しかもチェックアウト後)けっこう場当たり的な行動だったので、当日だったこともあって少々借りるまでの手続きで時間がかかりましたが、その間は順番で駅前のお土産物を見たりしていたので問題なし。

夕方までの数時間、沼田まで足を運んで観光を楽しみましたが、燃費もいいのでほとんどガソリンも減らず、これは子連れには本当に使えるキャンペーンだわ!と皆で絶賛。2,000円で消費税も免責補償料金も込みとは!!
(※ちなみに土・日キップと三連休パスも対象のキャンペーンです)

最初は水上から沼田に行ったら戻ってこないと、と思っていたのですが、出発の営業所から50kmまでの営業所なら乗り捨ても無料だというので、沼田の営業所へ返却。うーん、楽チン♪

高速道路が1000円!の話題で、メディア的には電車の旅の陰が薄くなっている感が否めませんが、時間のロスも少なく、スケジュールのスムーズな進行が可能な電車&レンタカーという旅もいいですね〜。
posted by こぐれっち at 14:36| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

JALが8月14日限定で、家族専用機「ファミリージェット」を運行

JALが8月14日限定で、ハワイに向けて家族専用機「ファミリージェット」を運行します。参加条件は12歳未満の子連れ限定。機内最後部に「授乳専用ゾーン」を設置したり、子供用の映画の上映があったり(帰国便)と家族仕様の機内アレンジとサービスが満載です。機内食(出発便)が、夕食は夜でもカラダにやさしい「Soup Stock Tokyo」コラボメニュー、そして到着前の朝食は、好きな時間に食べられる「BAGEL&BAGELの軽食」というのも魅力的。子供が半額、幼児(0〜1歳)が100円というのもとってもお得です。

丸々1機を家族限定にとなると、こんなお盆の時期しか機会がないのかもしれませんが、こういった取り組みが増えてくれると、海外旅行へのハードルが低くなっていいですよね。

我が家の娘たちもこの春で上が9歳、下が5歳となりました。女だけの姉妹であることもあるだろうし、長女がしっかりしてきたこともあり、最近は旅行中に“イラッ”とすることもずいぶん減りました(笑)

しかし、思い起こすと、長女が元気な幼児世代、その下に4歳はなれて次女が生まれたときは、私にあと3本ぐらい手があればいいのに、と思う毎日。旅行中もうちは次女が飛行機に乗ると泣くので本当に苦労しました。今だから言えますが、こんな「子連れ旅行」推進をしていながら、機内で1度ひどい目にあって以来、約1年、飛行機は避けて通っていたほど。(今では次女も飛行機好きになりました!)

今後もこういった取り組みが増えてくるといいですね。

家族専用機ファミリージェット(ジャルパック)
posted by こぐれっち at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

旅の思い出の残し方

毎年うらやましいほどに親子で旅行しているお友達であるO家が、今年の年始にはインドネシアにある「スラウェシ島」に旅行へ。最初は「スラウェシってどこ?」と思っていたけれど、ちょうど彼らが旅立った数日後に「スラウェシ島沖で260人以上が乗ったフェリーが沈没」というニュースが流れ、ビックリして一家が宿泊すると話していた場所と、沈没現場の位置関係などを調べました。おかげですっかり「スラウェシ島」に詳しくなりました(苦笑)

さて、そんな0家の一番の旅の目的はパパの趣味である鳥撮影。私は詳しくないので「すごーい、こんな色の鳥がいるのね」なんて平凡な感想しかいえないのですが、主にその土地や国の固有種などを狙っているのだそう。中には現地のガイドでも稀にしか見られないような鳥の写真もあるんですって。

ちなみに夫婦共にダイバーでもあるため、旅の後に綴られるBlogには海のきれいな写真もたくさん掲載されています。

そんな0家パパの影響か、鳥や動物、昆虫、植物好きになってしまった、まるで男の子のような我が娘のために、今回お土産にいただいたのがこれ!
090226a.jpg

なんとO家パパ撮影による写真集〜!しかもハードカバー〜!

いつもO家パパのホームページブログで写真を眺めていた娘は、もうそれはそれは大喜びです。

090226b.jpg

090226c.jpg

090226d.jpg

090226e.jpg

こんな旅の記録の残し方も素敵ですね。

鳥の写真って小さいし、動くし、気づかれないために遠くから撮るしで、撮影技術も撮影機材も高度なものが必要なんですよね。鳥の写真が必要な皆様、何かあればぜひ相談してみてくださいね。

ちなみに私が使用している一眼レフカメラも彼使用のものを安価で譲っていただいたのですが・・・いつまで経っても技術が伴わず、申し訳ないです(苦笑)


子連れバーダーORATの部屋
石垣島やランカウイ他、鳥撮りだけでなく私も一目置く旅好き一家の子連れ旅行記が楽しいサイトです。
子連れバーダーの日々 BLOG
旅行記は旅の後ややお時間がかかるため(笑)、旅直後のレポートなどはこちらで。

posted by こぐれっち at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

『モッフル』うまっ! 〜伊豆黒餅本舗〜

伊豆の国市の講習会翌日、天城の方に子供たちと両親と一緒に3世代で1泊、温泉がいいとうわさで聞いた宿に泊まりに出かけました。特に他に目的もなかったので、途中フラフラと伊豆探索。そんな時、ふと昨日の講習会の出席者の中に、伊豆市の名刺を出してくださっていた方がいらしたことを思い出し(もしかして宿の近くなのでは?)と調べてみるとビンゴ!

場所は伊豆の観光名所としても名高い「浄蓮の滝」の駐車場。「モッフル」のお店と言っていたけど分かるかな・・・と向かうと
090122a.jpg

目立つのですぐに分かりました!

店長の森嶋さんにご挨拶させていただき、早速注文!さて何にしよう…。
090122b.jpg

「モッフル」とはお餅のワッフルのこと。週に1度は餅を食べているほどの餅好きファミリー小暮家なので、期待が高まります。

餅なだけにいろんなバリエーションがあり、スイーツとしても、軽食としてもOKなんですな。

むむ・・・これは?
090122c.jpg

売り切れの札を発見!なんだろう、とめくってみると(すいません、つい)、「いのしし」と書いてありました〜。天然の猪肉の角煮と、修善寺名産の黒米を使った黒米餅を使用した、数量限定メニューなのだそう。昨年、天城いのしし村は惜しまれながらも閉園してしまいましたが、こんなところでいのししに出会えるとは!(実際は売り切れていたから会えなかったんですけど…笑)

材料となる餅は「伊豆黒餅本舗」さん特製のものを使用。森嶋さんのご実家は地元のお米屋さん。「モッフルは他でも食べられるけれど、せっかく米屋なんだし、とにかくおいしい餅で作ろうと思ったんです」と話していました。

原料にはもち米の王様、新潟県産のこがねもちを、水は天城の地下水を使用。うまく写真が撮れませんでしたが、うっすら黄色いものが混じっているのは糠(ぬか)なのだそう。糠を少しすりこむことで一層甘く、旨くなるんですって。
090122d.jpg


で、何を注文したかと言うと、ものすごく迷って迷って…

「明太マヨチーズ」
090122e.jpg

うわっ・・・

焼きたてをいただくと、まわりはフワフワサクサクって感じ。でも中はとろーりもっちり。餅の厚さは薄めなのでさほどもちもち感はないのかと思ったら、思いのほかすんごいのびます(笑)

マヨネーズって餅に合うんですねぇ。これ、その場でもう一枚食べたくなるぐらいあとを引きました。ビールとかにも合いそう。(←ドライバーは我慢!)マヨラーにはたまらないことでしょう。

で、次は、中日ドラゴンズ 落合監督も食べられたという「小倉ホイップ」
090122f.jpg

正直に言います。

これ、娘たちに食べられてしまい、私は一口も食べられなかったので、味の批評ができません。子供二人がかなり気に入っていました。一口ぐらい食べたかった…。

で、最後はこれ「チョコ○○○」。
090122f.jpg

なんでも表のメニューにはない、知り合い限定の裏メニューなのだそうで、ここに書いていいのか分からないので、一応伏せておきましょう(笑)

生クリームがホイップされていますが、これが溶けてクリーム状になり、それと絡めて食べると「明太マヨチーズ」とはまったく違ったスイーツに。これもほとんど娘達に食べられてしまいましたが、何とか一口死守。

結論から言うと、

もっと買えばよかった…。(子供があんなにはまるとは!)

また行こうっと。

あと、餅好き小暮家としては、あの餅、通販してほしい。
そうしたらモッフルの調理器具も買って、朝食にピッタリだな、と。

メニューの中には「特製カレー」なんて変り種もあるけれど、餅自体が美味しかったから、「わさびしょうゆ」とかも美味しいに違いありません!次回またうかがえるのを楽しみにしています。

伊豆のモッフル屋ブログ(伊豆黒餅本舗)
posted by こぐれっち at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

マッスルミュージカル・年末年始公演「「Celebration(セレブレーション)」

昨夜は渋谷の「マッスルシアター」で、本日より開催されるマッスルミュージカルの年末年始公演「Celebration(セレブレーション)」のプレスプレビューを観てきました。今回はクリスマス、年末、年始それぞれの時期に合わせて趣向を変えた3部作となっています(今回観たのはそのクリスマスバージョン)。“おもちゃ”をテーマにした子供にも喜ばれる内容ということで興味を持ったのですが、実は私はマッスルミュージカル初体験。

以前、「マッスルパーク」のOPEN時に記事を書かせていただいたこともあったため、「マッスルミュージカル」の案内もいつもいただいていたのですが、なかなかタイミングが合わず、やっと今回観ることができたというわけです。

081220c.jpgちなみに、今回は「ひろみちお兄さん」こと「佐藤弘道」さんも参入。当然子供たちは「ひろみちお兄さん」を探しては「いたぁ!」と歓声を上げていました。

それにしても、いつも楽しいお兄さん。楽しい手遊びを教えてくれる優しい表情もいいけれど、ダンスや体操で見せてくれる真剣な表情は、教育番組では見られない、男っぽさにぐっときます(笑)
081220a.jpg 081220b.jpg

と、それはさておき。今公演については、週明けに掲載予定の「おすすめ年末年始イベント」に関する記事でもご紹介したいと思っています。とにかく迫力はあるし、楽しいし、観客も一緒に盛り上がる感じがいいですね。人間の身体ってあんなに動くんだな〜。
081220d.jpg

081220e.jpg

081220f.jpg


私も身体動かしたいなぁ・・・(遠い目)

マッスルミュージカル
posted by こぐれっち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

『東京タワー』の開業50周年記念新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」

慌しい12月、ふと目に入るクリスマスのイルミネーションが心を和ませてくれます。姉から「東京タワーがすごくかわいいよ!」と写メールが届き、子供たちが見てみたい!というので、夜の東京タワーに行って来ました。

東京に住んでいるとよく目にはするものの、私は実際東京タワーに上ったのは今回で3回目(笑)

到着すると、タワーの足元(って言うのかしら?)には高さ12mの大きなツリーをはじめ、かわいいイルミネーションで光の国を演出。50周年ということで記念オブジェもありました。
081109b.jpg

081109a.jpg

さてしかし、イルミネーションの目玉は、なんといってもツリー自身。12月23日に開業50周年を迎えるにあたり、開業50周年記念月間となる今月は新しいライトアップをスタート。
(※12月2日〜6日と12月15日〜25日限定なので、次に見られるのは12月15日以降です。)

まず、日没〜20:00は、「ランドマークライト」!
081109c.jpg

見難いですが、展望台の部分に「TOKYO]と「50」の文字が入っています。(裏側は?…気になりますっ…笑)


そして、20:00になるとフッとライトが消え、次の瞬間から10分間という短い間だけ、「ダイヤモンドヴェール・スペシャルレインボー」が点灯。
081109d.jpg

写真がうまく取れませんでしたが、もう少しレインボーカラーがはっきりしてかわいいんです。

そして10分たつと、徐々に徐々に色が変わり・・・
081109e.jpg

20:10〜22:00は「ダイヤモンドヴェール・ホワイトダイヤモンド」に変化します。(22:00〜24:00は再び「ランドマークライト」に)


土曜日に行ったせいか、人出も多く、エレベーターに乗るのにも30分以上並びましたが、「並ぶのいやだから展望台に行くのは今度にしようよ」というヘタレ母に対して「列が流れているからすぐ順番が来るよ。並ぼう!」とやる気満々の娘達。大きくなったわねぇ〜・・・と変な部分に感心しながら夜景を堪能して帰宅したのでした。
posted by こぐれっち at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ハワイのファミリー情報誌「Mommy&Mii Magazine」

子連れに人気の海外旅行と言うと、やはり筆頭に上げられるのがハワイです。グアムやサイパンと同じように「子連れにおすすめ」とされていますが、実はフライト時間は約7時間前後とそれほど短くもなく、1時間しか時差のないグアムやサイパンと違って、ハワイと日本の時差は5時間(19時間)とこれまた微妙なところです。

それでも人気のある背景には、治安がいい、衛生状態が良好である、特異な文化でない(宗教・文化がらみのトラブルが起こりづらい)、言葉が通じやすい(日本語や英語)ことなどがあげられるでしょう。

また、他の旅行先と比べて、ダントツに日本に入ってくる情報量が多いというのも人気の要因ではないでしょうか。新しくできるホテル、ショップ、レストランなど、まるで国内並みに、いや、それ以上にリアルタイムでメディアが取り上げますからね。

しかし、これが「子連れ」というくくりになると、その膨大な情報の中からファミリー向けのものを探さなくてはならず、もっと子連れ向けの情報が見つけやすいと良いのに・・・・と、思っていたら、出ていました!

081022a.jpg 「Mommy&Mii Magazine」

日本人のマタニティ&ママのためのハワイのファミリー情報誌で、隔月(偶数月)20日に販売。内容はもうママの知りたかったものばかりです!特にハワイは子連れのプチ留学としても人気があるし、未就学児の場合は長期で滞在するというファミリーもたくさんいますからね。短期の旅行を対象とした内容よりも、もっと現地で暮らすようなイメージの情報が欲しい、と思っていた方には必読の一冊です!

内容も幅広く、おすすめのプレイ&ショッピングスポットや季節のイベントをはじめ、ハワイでの妊娠や出産、幼稚園のお受験の話、メディカル情報、それに親子留学、長期滞在のハウツーなど内容盛りだくさん!

現地のショップ(日系書店他)ではもちろん、日本にいても「Fujisan.co.jp」で定期購読の申し込みができます。

【※参考】
オールアバウト「家族で楽しむハワイ」ガイドの森谷さんも記事にされています。→こちら
posted by こぐれっち at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

11月24日(月・祝)は、「サンス・エ・サヴール」のお子様ウェルカムデー!

いつだったか、友人が「明日は実家の母に子供を預けて、お友達と食事に行くの!とっても素敵なレストランなのよ!」と熱心に話していたのを聞いたことがあります。それが丸ビルの35階にある「サンス・エ・サヴール」でした。
081017a.jpg
同店は南仏モンペリエの三ツ星レストラン「ル・ジャルダン・デ・サンス」初の海外進出店。オーナーシェフを務めるのは双子のシェフ プルセル兄弟です。フルーツの爽やかな甘みや酸味のバランスで素材のうまみを引き立たせる「シュクレ・サレ」という手法を用い、食材の硬さと柔らかさ、冷たさと温かさといった絶妙な組み合わせで五感を刺激するフランス料理を提供しています。そして夜にもなると、店内の大きな窓からは素晴らしい東京の夜景を見下ろすことができます。

さて、こういったレストランですから、当然ともいえるかもしれませんが、通常は小学生以下の子供は利用できません。

が!しかし!

なんと11月24日(月・祝)のディナータイムに“お子様ウェルカムデー”を実施することになったというではないですか!特別に一日ダイニングを開放してくれるので、気兼ねなく食事を堪能できます。この機会に、家族でお洒落して出かけるのもいいのでは?

本企画には食育としての意味もこめられており、当日は3,500円の子供用のコースも用意。なお、まだコースを食べられない乳幼児の子供には食べ物&飲み物の持ち込みもOKという寛大な対応にも頭が下がります。

全国にレストランを展開し、同レストランを経営する「株式会社ひらまつ」によると、同社では「“料理を通してフランス文化を日本に伝えること”を使命としており、お子様の皆様にも早い段階からレストランでの食事を経験いただき、マナーや目に鮮やかなお料理に触れることで、食に対する関心を高めてもらうことを願っています。」とのこと。

個人的にはこんな企画ならばぜひとも今後も時々でいいから続けて欲しいわけですが、今のところは1日だけの限定企画!早めの予約をおすすめします。

「サンス・エ・サヴール」
posted by こぐれっち at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

子連れに楽しい航空会社とは……

子供と一緒に旅をするようになって大きく変わったのは、飛行機内での過ごし方です。大人だけでの旅行の時には、機内食とお酒を楽しみにし、あとの時間は普段ゆっくり読めないような本を読みこんだり、国際線では日本未公開の映画が観られるのもうれしい特典に感じていました。

しかし、子供と一緒に旅行をするようになると、なかなか「ゆっくり」というわけにはいかなくなります。そのかわり、飛行機での移動は離陸前から着陸まで、子どもがいると様々な場面で優遇され、CAも気にかけてくれるので、特に長いフライトでは何度も話す機会があったり、トラブル時にもお世話になったりと、これまで以上に関わりが持てるというのは、ある意味今だけ(子連れ)の特典なのかもしれませんね。我が家の長女は、以前に次女が機内で号泣し、私がCAに助けてもらっていたのを見ているので「飛行機のお姉さんは、赤ちゃんにとっても優しい」というのが口癖です(苦笑)

さてところで、最近私の周りの子連れ旅行好きなママたちが海外旅行から帰国すると、必ず話題になるのが各航空会社オリジナルのチャイルドキットやキッズアメニティについてです。

これが大人が見ても可愛いものや、普段の生活(お出かけ)でも使えるようなものも多くて、それを目当てに航空会社を選択するママも増えているほど。単に物が欲しいというだけでなく、こういったサービスがある会社は「子連れ」に優しいんだな、という安心感ももてるようです。

なかなか、各航空会社のどの路線で今何がもらえる、という情報が網羅されているサイトもないので、新しいサービスが開始されても見逃してしまってあとから気づくこともあるのですが、時折新しい情報を見つけるとワクワクしてしまいます!

例えば最新情報としては、2008年10月1日から、シンガポール航空では子供向け機内食を、アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」に登場する「パワーパフガールズ」と「ベン10」をあしらった特製ランチボックスで提供しています。(※フライトが7時間を越える路線で、10月1日からシンガポール発路線、さらに11月1日からシンガポール行き路線で提供)
081011a.jpg

また、子供は同じく「カートゥーン ネットワーク」のキャラクターグッズを、全ての路線(シンガポール−クアラルンプール路線を除く)でもらえるのだそう。同番組が大好きな我が家の娘達も、この写真(上)を見て大興奮です(笑)

幅広いセレクションの中からメインディッシュをあらかじめ選べる機内食サービス「ブック・ザ・クック」の子供向けメニュー「yummy(ヤミー)」があったり、子供にも楽しめる様々なプログラムを提供している機内エンターテイメント「KrisWorld(クリスワールド)」では、ポップでカラフルな子供向けヘッドフォンも導入される予定です。
081011b.jpg


様々な媒体から「小暮さん、子連れに優しい航空会社をいくつかあげてもらえませんか?」というようなお願いをされて、「子連れ」に特化したサービスで各社の大きな違いをあげることが難しくて困っていた時期もありますが、最近ではこんなサービスも目立ってきたので、私もご紹介するのが楽しみになりました。

シンガポール航空
posted by こぐれっち at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

おすすめ本:「子連れファミリーにうれしいお宿」

「子連れ旅行」は旅行業界ではその潜在的ニーズに応える為、各社、各宿が試行錯誤の状態にあります。数年前までは「離乳食を作る」、「キッズルームがある」というだけでも注目されたものですが、昨今それだけでは消費者の目には魅力的とうつらなくなってきました。

たしかな基準もなく使われている「子連れファミリーに優しい」というフレーズは、それぞれのとりようで非常に曖昧な表現でしかありません。時には想像以上の、また時には失望するようなサービスがあり、残念なことに「あたり」、「はずれ」的な一面さえも持ち合わせています。もしたしかな基準というものがあったなら……そんなふうに感じていたときにご縁があって出会ったのが「ミキハウス子育て総研株式会社」の藤田社長でした。

先日、All Aboutの記事でもご紹介させていただきましたが、同社の取組み「ウェルカムベビーのお宿」、「ベビーズヴァカンスタウン」が今、子育て中のパパママだけでなく旅行業界関係者からも注目されいます。

さらに、今回出版される「子連れファミリーにうれしいお宿」では、「ウェルカムベビーのお宿」の認定事業の基準となる100項目について詳しく解説され、ファミリーの集客につなげたい宿の皆さんにもぜひお読みいただきたい内容となっています。

「普段の生活で赤ちゃんが怪我しないように、事故にならないようにママが気をつけていることって、一つ一つはそんなに大袈裟なものじゃない。その安全で安心な環境を非日常を楽しむ旅行先の宿でも実現できれば、もっと多くのファミリーが旅に積極的に出かけられると思うんですよ。」と藤田社長が話されていたのが印象的です。「子連れに優しい宿」に求められているのは、実は大袈裟なものではなく、親が我が子を思って日常しているような部屋作りの工夫や生活リズムにつながる部分が多いのだと気づかされます。

―――今回、この本の“帯”で推薦文を書かせていただいています。内容は事前に読ませていただいていましたが、出来上がった本を見たら、帯の推薦文ってこんなに目立つのね!と、ちょっとびっくり(笑)私も今後の活動に役立てていきたい、内容の濃い実用的な一冊です。

081002a.jpg子連れファミリーにうれしいお宿

著者:藤田洋
¥ 1,575 (税込)
週刊住宅新聞社

お求めは全国の書店、もしくは通販で。

posted by こぐれっち at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

9月20日・21日は旅行博&鳥海高太朗氏著書「スターアライアンス 公式ガイドブック」

昨日は毎年恒例となった「旅行博」の業界関係者の入場日だったため、お台場・東京ビッグサイトへ行ってきました。
080919a.jpg

本日と明日(9/20、21)の2日間は、一般の方も入場できますので、ぜひこの週末はお台場に出かけみてはいかがでしょう。子供も入場可能です。(※大人1200円、学生600円、保護者同伴の小学生以下は無料)

昨今の燃油高の影響で、安近短の旅への傾向が強いとされていますが、世界各国の文化に触れられるこのイベントでは国内にいながらにしてちょっとした海外旅行気分を味わえます。各国、各エアライン、各旅行会社の最新情報が一度に得られるので、くすぶっていた海外旅行への熱が(うわぁ〜行ってみたい〜♪)と再燃!

また、期間中は様々なイベントも用意されています。会場内ではクイズ大会やゲームで景品がもらえたり、音楽の演奏や踊りも披露されます。試飲や試食のコーナーもあり、即売会なども実施。

会場の様子はこんな感じです……(全容は書ききれないので、雰囲気だけでも伝わるでしょうか)
080919b.jpg 080919c.jpg


080919d.jpg 080919e.jpg


080919f.jpg 080919g.jpg


080919h.jpg 080919i.jpg


080919j.jpg 080919k.jpg 080919l.jpg

そうそう、毎年密かに楽しみにしているのが、会場の隅にあるホテルグルメコーナー!今年はHPで事前にチェックして「ロイヤルパークホテル」さんの「フォアグラ丼」をねらっていたのですが(笑)、会場で急遽「ホテルパシフィック東京」さんの「ふかひれの姿煮あんかけ焼そば」にひかれて、今回はこちらを購入。ふかひれはそんなに大きなものではないものの、このお値段(単品で1,000円)でふかひれが食べられるなんて幸せ♪

――――さて、今回の旅行博で最初に向かったのは「ANA×スターアライアンスの合同ブース」でした。オールアバウトでも「エアチケット・マイレージ」ガイドを務める、航空サービスアナリスト、鳥海高太朗さんが、初の著書となる「That's STAR ALLIANCE」を発行され、その出版記念イベントがあるというのでお話をうかがってきました。
080919m.jpg


080919n.jpg

鳥海さんとはガイド仲間として親しくさせていただいています。私も空の旅は好きなのですが、エアチケットやマイレージって正直分からないことだらけ。以前、仕事上でどうしても調べがつかないことがあり、周囲の人に尋ねてもやはり明確な回答が得られず、申し訳ないとは思いつつも鳥海さんに尋ねたところ、瞬時に模範解答のようにまとめられたデータを分かりやすい解説付きで送っていただき感激したことがあります。ほんと、彼の情報量と情報網にはいつも驚かされます。

今回出版された「That's STAR ALLIANCE」は、世界最大の航空連合スター アライアンスをフォーカスしたムック本です。現在スターアライアンスには21の航空会社が加盟していますが、さらに「エアインディア」と「コンチネンタル航空」も加盟予定なのだとか。今後益々、同ネットワークへの期待が高まります。

「見ても楽しい、読んでも楽しい1冊」と話されていたとおり、各航空会社の機内食や機内の様子、さらには洗練されたラウンジや上級クラスのシートなどの写真も多数掲載されています。「読んでいただくことで多くの人の旅に出かけるきっかけになればうれしい」と語り、その思いは同誌の表紙に書かれた「空の旅がここから始まる」というフレーズにもこめられています。

私のような年間のフライト回数がさほど多くないという人も多いかと思いますが、だからこそ1枚のカードで加盟航空会社便すべてのマイルが貯められるというメリットは大きいですよね。世界一周旅行についても触れられていますが、意外と実現できそうな内容(運賃も)に、読んでいて心はずみました!

■「That’s STAR ALLIANCE」角川学芸出版(定価 1,500円)
購入はお近くの書店、または通販ならアマゾンYahoo!ブックス楽天ブックスなどで。旅行博へお出かけの方は、上記の「ANA×スターアライアンスの合同ブース」でも販売しています。
posted by こぐれっち at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

軽井沢・プリンスショッピングプラザ 第6期増床部分を11月14日に開業 !!

080910a.jpg昨日は、軽井沢プリンスショッピングプラザの第6期増床 記者発表説明会のため、「ザ・プリンス パークタワー東京」にうかがいました。

同ショッピングプラザは、1995年のオープン以来、段階的に増床し、今回はさらに日本発出店の3店舗を含む21店舗(新規オープン14店舗、既存エリアからのリニューアルオープン7店舗)を増やし、日本最大級のリゾートショッピングモールとなります(物販187店舗、飲食30店舗の計217店舗)。

軽井沢・プリンスショッピングプラザは1995年、軽井沢への夏期以外の観光客誘致を目的としてオープンしました。でもこのときはたったの29店舗だったんですよね。私も当時遊びに行ったときに、海外の大規模なそれとはまったく違う様子に、正直なところちょっぴりがっかりした思い出があります。

しかし、その後、日本でのアウトレットの先駆けとして、徐々に増床を重ね、今では当初の期待通りに秋・冬の観光客数を増加させるまでに至っています。新幹線で都心から約1時間、さらに軽井沢駅からも同ショッピングプラザまで徒歩数分という立地の良さもあり、まさに軽井沢の顔といえるロケーションです。

先日アップしたオールアバウトの記事でもご紹介していますが、リゾートのアウトレットは親子や三世代で行く旅先としても実におすすめです。自然豊かな環境のため、四季を感じられるということも魅力のひとつですが、先日オープンした「那須ガーデンアウトレット」も然り、広い敷地内に子供が長い時間滞在するのに飽きない仕掛けが多数考えられています。

東京ドーム一個分の広さがある多目的広場「芝生のひろば」があったり、画材の無料貸し出しもあるからショッピングに夢中のママを置いて、パパと一緒にお絵かき、も楽しそう。さらに「ネイチャーキッズ森の家」では、軽井沢らしい自然体験プログラムも用意されています。ショッピングプラザ内にあるボウリング場には子供も一緒に楽しめるノーガーターレーンもあります。そしてもちろん宿泊施設であるホテルもすぐ側、昨年オープンしたスパも魅力的です。

目指すのは「雄大な自然の中での“ラグジュアリー・リゾート ショッピング”」なのだそう。普段は子連れでは敷居の高い高級ブランドショップも、軽井沢でなら子供にもストレスを与えることなく、ママもゆっくり品定めして、お気に入りのものを選べるのではないでしょうか。

080910b.jpg
さて、今回の記者発表会では興味深い内容が2つありました。

まずひとつは、なぜかテナントリストを見ると「未公開」の店舗が2つ。詳細はOPENまで秘密なのだとか。何?なんで秘密なの !?何が来るの〜〜 !?(笑)

そしてもうひとつは11月20日より5日間、年間最大のバーゲン「軽井沢・プラチナバーゲン」が開催されます。80%〜30%Offのお値打ち価格も魅力ですが、バーゲン初日の11月20日に長野新幹線を1編成完全に貸切にし、軽井沢・プリンスショッピングプラザの専用車両として運行します。軽井沢プリンスホテルのサービススタッフが乗務員として同乗するため、ホテルライクなサービスが受けられるのだそう。無料のドリンクサービスや宿泊券が当たる大抽選会なども企画中というから、楽しみですね!1泊2食+片道新幹線(東京→軽井沢)で1人13,500円という価格もお得!(1泊朝食+片道新幹線なら10,500円)

限定600名だそうなので、予約が開始したら(今のところまだ募集はしていないようです)また当ブログでもご紹介させていただきますね。
詳しくは・・・こちらの公式サイトをチェックしてください!

【おまけ】
記者発表会後の懇親会では、新しくはいるショップの商品の抽選会があったのですが、私も素敵なバッグをいただいてしまいました〜。男性用なので、9月の下旬が誕生日のパパにちょうど良いプレゼントに(笑)
080910d.jpg

それにしても「未公開」の2つのお店って・・・なんなんだろう〜!気になる〜!!

posted by こぐれっち at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

空飛ぶことを愛する人々

飛行機に乗ることを“空の旅”というように、私も旅の一部として飛行機の中で過ごす時間をいつも楽しみにしています。そう話すと「所詮移動手段だろう」と否定されることも多いのですが、そうですか?だって、普段はあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、っていろんなことに焦って生活していますが、飛行機に乗っている時間って、『快適な空の旅』をCAはじめ多くのスタッフがサポートしてくれる。フライト時間が長ければ、最新の映画が見られたり、本を読んだり、子供と外の景色を眺めたり。そうこうしているうちに上げ膳据え膳で食事や飲み物まで運ばれてくる。こんな夢のような時間を過ごせるのが「雲の上」だなんて最高じゃないですか!

080704a.jpgさて、昨日はそんな空の旅に関係の深い皆さんと銀座でお会いしてきました。まず最初に待ち合わせをしたのは、飛行機ファン憧れのエアバスA380に関しての本も出版され、テレビやラジオなど各メディアでもご活躍中の秋本俊二さん。All Aboutでは「世界のエアライン」ガイドを担当されています。

その後、汐留でお仕事を済ませた古屋江美子さんと、鳥海高太朗さんも合流。お二人ともAll Aboutのガイド仲間で、古屋さんは「美食の旅(海外)」、鳥海さんは「エアチケット・マイレージ」を担当されています。


お酒も進むと、「一緒にどこか行きたいね〜」なんて、やっぱり旅の話になります。一緒に出かけたら、毎日飲んでそうですけどね(笑)
それも楽しそうだなぁ♪

さて、今回は秋本さんの最近出版された2冊の本を持参し、ちゃっかりサインをお願いしました。
080704b.jpg 080704c.jpg

「エアバスA380まるごと解説」の第1章「就航」は、2007年10月25日の世界初就航便の密着ドキュメント。秋本さんの書くものは、いつも読み進めるうちに自分も飛行機に乗って旅している気分になれるという不思議な魅力があります。今回はこの歴史的な瞬間を臨場感たっぷりに体験でき、もうすっかり私もA380に乗った気に(笑)忙しくてなかなか旅に出られない、なんて方のストレス発散にもおすすめですよ!

エアバスA380まるごと解説
いますぐ飛行機に乗りたくなる本



posted by こぐれっち at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

4月26日OPEN・六本木ヒルズ「スカイデッキ」へ

GW最初の日曜日は、パパのお店のある商店街関連の皆様とバーベキュー、のはずが……前日の夜に祖母の具合が悪くなってしまったためパパは朝まで病院につきっきり。しかたなく急遽我が家は不参加ということに。最近、仕事で忙しいパパと過ごす時間が皆無の長女には「誰が悪いわけでもなくても、思い通りにならないことはある」と話しましたが、やはり朝から大号泣……。

しかたない。母さんと出かけよう!

……というわけで、4月25日で開業5周年を迎えた六本木ヒルズへ娘2人を連れて行ってきました。

まずは子供たちリクエストの映画へ。アニメならせめてコナン君を!という母の願いもむなしく「クレヨンしんちゃん」に決定(苦笑)そうそう、TOHOさんといえば「ママズクラブシアター」もありますが、いつも木曜日だけの実施なので土日もあればいいのに……と思っていたんです。すると5周年記念で、5月17日(土)と31日(土)の二日間、特別実施が決定。その名も「ママズクラブシアターwithパパズ」。→詳細はこちら

さて、映画のあとは、26日にオープンしたばかりのスカイデッキ(森タワー屋上)へ上ってみました。
080427a.jpg

チケット購入時とエレベーター前で5分程度並んで待ちましたが、回転率がいいためか、さほど混雑はしていません。
080427b.jpgヘリポート部分には入れないので、足を踏み入れることができるのは周りの部分のみ。海抜270m、そばに立つ東京タワーも見下ろすような眺めです。

080427c.jpgなぜか小さな子供の遊具?もあり。見た目と違ってやわらかい素材でできた滑り台???(子供たちはそう思って使っていました)。

でもこれだけがポツンとあってういていました(笑)ファミリーへの気づかいなのか、はたまた本当は遊ぶためのものではないのか……(謎)

080427d.jpg同ビルの52階にある「東京シティビュー」からはエレベーターか階段で屋上へ出ます。当然階段は空いていますが、約3階分も上るので注意。ちなみにスタッフの方に「階段からは外が見えるんですか」と聞くと「いえ、全く」と言われ、のぼりはエレベーターを使いましたが気になったので下りは階段を使用。・・・本と、全くの壁の中です(苦笑)←※写真参照(左)

しかも角度が急なので、小さなお子さん連れはエレベータ待ちをしたほうが無難でしょう。

080427e.jpg座れるようなスペースもいくつかあって、景色をのんびり眺めているカップルが何組もいました。

360度視界が開けているので、角度によっていろいろな東京の景観を楽しむことができるでしょう。時間によってもまたその表情は違うのでしょうね。

5月3日〜6日の連休中は「お子様無料デー」なので、(4歳〜)中学生以下の子供は通常500円のところ、無料でこの景色を楽しめます!!

080427f.jpgその後、「東京シティビュー」に立ち寄ると・・・

「5万人で作るこいのぼり」なるイベントを開催中(4月26日〜5月6日)でした。カラフルなカードに願いをこめてメッセージを書き、こいのぼりをつくるというもの。カードは後日神社に奉納してくださるそうです。
080427g.jpg 080427h.jpg


080427i.jpg 080427j.jpg
私が何を書いたかと言うと、あまりにリアルなお願い過ぎて恥ずかしいので内緒(爆)

娘はというと……
080427o.jpg

うう……。これまたリアルなお願い事を(苦笑)
(※ZZZがNNNなのはご愛嬌)
最近パパに会えるのは朝だけで、いつも寝てるもんねぇ〜。

080427k.jpgランチは子供たちの希望でお寿司。でも昼から握りでバクバク食べられてはお財布がもたないので、おすすめのロール寿司(マグロアボカドロール)をすすめてみると二人とも大はまりでした。(ホッ)

外では無料で楽しめるパフォーマンスショーのようなものもあって、子供たちも真剣に見入っていました。
080427l.jpg

080427l.jpg 080427n.jpg

パパともまた来ようね。


【GW関連記事】
当日だって焦らない!お出かけ検索サイト
posted by こぐれっち at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ディズニー・オン・アイス「プリンセス ドリーム」

080417b.jpgディズニーの氷の上のミュージカル「ディズニー・オン・アイス」。23回目となる2008年は、女の子たちの憧れる7人のプリンセスが織りなす7色の夢がつまったファンタジーの世界「プリンセス ドリーム」です。今日は、その記者発表会に参加させていただきました。

ゲストには女優の国仲涼子さんが登場し、アメリカで一足早く「プリンセス ドリーム」を体験した際のエピソードなどを披露しました。会場のモニターでは、お姫様抱っこされて氷上を滑る様子や、実際にショーに使われるかわいい衣装に目を輝かせている様子なども映し出され、「ずっと感動しっぱなし!子供の心に戻ったようでした。」と興奮気味に語っていました。

080417c.jpgさらに会場に華をそえたのは、15人の“リトル・プリンセス”たち。自らもそれぞれのプリンセスの衣装を身につけた子供たちは、モニターにプリンセスが映ると歓声を上げて喜んでいました。


080417d.jpg会場内にはスケートリンクが特設され、ミニ・ショーも見ることができました。これが思っていたより狭いので、最初はちょっと拍子抜けだったのですが、踊り始めたらすごい迫力で会場も大興奮に!

ちなみにディズニー・オン・アイスは以前に子供と一緒に2度見に行っています。通常のミュージカルなどと違い、遠くで見ていても動きが派手なので子供もまだ小さな頃でしたが楽しんでいました。会場内で販売されているグッズなんかもかわいくていろいろ買ってしまった記憶が……。大きなバケツ型の容器(柄はもちろんディズニー)にポップコーンが入ったものも食べたなぁ……。今年はどんなものがあるのか、そんなところも楽しみです。

080417a.jpg公演は7月10日の札幌を皮切りに、全国14都市で172公演を予定。今年は会場の子供たちがショーに参加できる「アンダー・ザ・シー・クルージング」も実施されます。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

会場でもさわりだけ紹介された「ディズニー・オン・アイスSP 国仲涼子の感動初体験!プリンセスドリームの華麗な世界」は今月20日(午前4時30分)日本テレビで放映されます。(よくよく見たら、時間がものすごい早朝ですね…苦笑)

ディズニー・オン・アイス
posted by こぐれっち at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。