2012年02月15日

娘が受験生になって思う、子連れ旅行の新たな意義

Blogをご覧いただいております皆様、これが年明け初の書き込みであることに大変恐縮しております。申し訳ありません!!遅ればせながら、明けましておめでとうございます…m(_ _;)m

最近は当Blogの右側にも貼り付けておりますが、子連れで楽しめるイベントや最新情報など、随時Facebookページを利用して掲載しております。なんでもかんでも載せるのではなく、この内容なら自分も行ってみたい、と思うものだけを厳選してご紹介していますので、ご興味を持っていただけましたら、ぜひ「いいね!」していっていただければ幸いです。

Travel with kids (家族旅行・子連れ旅行アドバイザー 小暮祥子)

さて、実はうちの長女はついに次年度6年生に。受験するの?と聞かれることも多いのですが、公立の受験はさせてみようかな、と。というわけで、この2月から彼女も一応受験生ということになりました。

彼女の通う塾は、大手の進学塾に比べると拘束時間?も少ないし短いためか、「楽しい」とか言って通ってくれているのでいいのですが、これから1年は週末もいろいろ予定が入ってしまいそうなのでプライベートでの家族旅行は先々まで計画的に予定しないと難しそう。それだけがちょっと残念です。

でも、実は彼女がそういう状態になって初めて気づくこともあります。
もっと行っておけばよかったと思う場所がなんと多い事か。特に社会に関して。歴史や地理を学ぶ中で、遺跡や城跡、神社仏閣、他にも歴史上重要な役割を果たしてきた港や街、いろいろなものを資料を見ながら学んでいますが、行っておけばよかったと思う場所が多々あります。やはり一度行ったことのある場所って、子供ながらに記憶にあって、興味の持ち方も違うようです。

子供が幼いと、そんなところに行っても喜ばないのでは?などと思うことも多いのですが、こういった場所に直接行けるのは6年生になってからでは時間がなさすぎます。5年生までの間に、まだ幼い子供たちが楽しみながら記憶に残る学びの旅ができると良いなぁ、などと思う母なのでした。

なんて考えだすと、このシリーズでプランいろいろ考えられそうです。
20120215.jpg
2月はこの手の広告がいっぱい届きますね(苦笑)


posted by こぐれっち at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

今夏の水遊びには様々な反応が…

震災以降、今年はこのような状況の中で子連れの海水浴はどうなのか、プールはどうなのか、と様々な場面で問われます。安全か否かの判断は私には出来かねますが、現状としては海水浴に関しては沖縄など一部のエリアをのぞけば、東北・関東のみならず西日本含め全国的に慎重になっていると言わざるを得ない状況のように感じています。

プールに関しては、海へ足が遠のく分、今年は例年以上に人気なのではないかと思っていましたが、ふたを開ければなかなか厳しいとの施設側の声も聞こえてきました。もちろんエリアにもよるとは思いますが、水の安全性に関しても親の判断は様々のようです。食に関しても一般的な話と乳幼児のいる家庭では考え方に差があるように、水遊びに関しても少々異なる傾向は出てくるかもしれません。

ただ、「水で遊ばせたい」との声は多く聞かれます。私がアドバイザーをつとめる「こどもとたびネット」と関連した「こどもと一緒に旅しよう!(facebook)」でも、“この夏、こどもと一緒にどんな旅をしたいですか?”の問いかけに、回答は“水辺で遊ぶ(海水浴、川遊び、プール、釣りなど)”がトップに。

慎重な態度の方も多い中、「お風呂に毎日入っているのに今更水にそこまで神経質になっても」という方もいらっしゃいますし、それでも「プールは子供が水を飲みこんでしまうから」と敬遠する方も。

予想としては、夏も後半に向かうにつれ、我慢できずに海やプールで遊ぶ親子が増えてくるのではないかと思います。もちろん、原発などに関してこれ以上悪いニュースが出てこなければというのが前提ではありますが…。

皆さんは今夏の水遊びについてはどのようにお考えでしょうか。

posted by こぐれっち at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

GWの旅行の予約は今がチャンス!

“GWは旅行に行こうよ!”

未曾有の大震災より1か月以上が経ちました。地震、津波、原発事故という三重苦の苦境に立たされた日本。いったいこれからどうなるのか、子供たちが大人になるころ、この国がどうなってしまうのか。それは誰もが思う不安であり、それでもみんなで力を合わせてこの国を支え、復興しようとする日本人であることを誇りに思えるようになりました。


さてそんな昨今、国内では旅行業界も当然の大ピンチです。先日、震災後の国内の宿泊キャンセルが56万人、なるニュースが報道されました。海外からの日本への渡航自粛の動きに加えて、国内でも「旅行どころではない」というムードなのでしょう。それも当然のことに思います。

でも、こんな時だからこそGWは旅行に出かけませんか。
緊張から少しだけ解放され、また連休明けから頑張れる活力を得るために休息や気分転換することに、罪悪感を感じるということもよく耳にしますが、観光業が衰退することは被災地で事業をあきらめずに立ち直ろうとしている観光に携わる方々にとっても良い影響とはなりません。
海外からの旅行客が激減している今、日本の観光業を支えられるのは日本人である私たちなんじゃないか、そう思うんです。

だから、そう。
“GWは旅行に行こうよ!”

例年、4月に入ってからでは人気の宿はすでに満室ですし、移動手段もたとえば飛行機を利用しようとしてもこんな時期ではほぼ席も埋まっています。家族でGWに旅行となると実は年明けぐらいから予定をたて、3月には予約が取れていないと厳しいというのが例年の状況。でも今年は3月11日以降、たしかにいったんキャンセルが急増しました。そのせいで関東、東北のみならず全国的に空きの多い状況です。

ただし、実は先週あたりからいったんキャンセルになったところに新たな予約が入ってきている、というお宿も増えてきました。またここ数日は、多くのお宿様よりGWにむけた新プランや格安なプランなどをこのタイミングで大々的に打出す動きがあることをご連絡いただいています。

今年のGWの予約は、今からがチャンスです。節電や経済的な状況をふまえて今年のGWは10日連休となる会社も少なくないでしょう。通常でしたらGWのロングステイは予約が取れない、価格が高い、などの理由で実現しにくいものですが、今年はチャンスですよ!

もちろん、子供連れを意識すれば、安全な場所へという思いがあるでしょう。しかし、原発事故もおさまらない今の時期、どこまでが安全で、どこは今は難しい、というのがわかりにくい。県名を聞いただけで閉鎖してるんじゃないかと思い込んでしまう。どこの町でどのぐらいの被害があったのかもわからないがとにかく敬遠する。もっといえば、単純に“東日本は危ない”、という情報になってしまいがちです。

今ユーザー目線で必要と思うのは、以下のようなことです。

■関東、東北の小エリアごとの詳細な情報がユーザーに伝わるシステム。できればもっと掘り下げて、どの施設は閉鎖、どこは休業中、そしていつ再開予定など、TDRだけでなく、関東東北エリアでこういった情報が共有できたら、少なくとも近隣エリアからのお客様から徐々に回復していくのではないか。

■積極的に西日本の観光のアピールも必要と思う。海外からのお客様が少ない分、東日本から足を運びたくなるPRを遠慮せずに大々的にすべき。

■風評被害含め、通常の営業に戻れるまでに今しばらく時間を要するお宿や観光地をいかに支えていくか。

なんて思っていますが、どうでしょうか。
みなさんはどう思われますか?

下は先日お花見に行った時の写真です。私はこの日友人たちと東北の酒をおいしくいただきました。
自粛が正義とばかりは限りません。
正しい情報を持って消費活動を行うことが、巡り巡って復興の支援となること、経済的な面での二次災害を防ぐのだということも私たちは意識しなくてはいけないように思います。
20110415.jpg
posted by こぐれっち at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

朝食はお部屋で……

子連れ旅行になって不便を感じるものの一つに「朝食」がありました。

最近は朝食をランチに振替えられたり、ブランチまでも含む長い時間帯で対応しているところもありますが、通常はホテルや旅館の朝食時間はある程度(2〜3時間ぐらい)の時間の幅しかなく、赤ちゃんが夜泣きをしたりしてなかなか寝付いてくれなかった翌日の早朝の朝ごはんなどは、もはや苦痛です。(子どもがいないときには二日酔いで“朝食は食べたくない”と言うときはありましたが……苦笑)

でも料金に含まれていると思うと「いらない」というのももったいなくてがんばって起きるのですが、このときに子どもが寝ていたりすると、また慌てて起こさなくてはいけなかったり……。不機嫌な子供を連れて慌ててレストランへかけこむのは、本当に疲れます。

なので、プライベートで利用する宿は、夕食はともかく、朝食がお部屋で食べられる、というポイントにこだわっています。旅館なら朝食もお部屋食。ホテルならルームサービス、ですね。

先日、東京ディズニーランドへ行くために「オリエンタルホテル東京ベイ」の「ベビーズスイート」に前泊しました。

娘たちも5歳&9歳と大きくはなりましたが、今回は朝一のディズニーランドへ行くための前泊です。そのために、いつもよりも早めに起き、朝食もゆっくりはとっていられないのです。でも、むこうについたらたくさん歩くし、朝はきちんと食べさせたい。そこで朝食のルームデリバリーサービス「ピクニックブレックファスト」を申し込んでみました。
0909100.jpg

ボリュームある内容もうれしい驚きでしたが、子どもが食べやすいようにホットサンドや俵おにぎりなどもあり、メニューの全てが味はもちろん、子どもに食べさせやすい形に調理されているのが良かったです。あたたかいコーンスープもついて、飲み物はジュースを一種類、また、それとは別にコーヒー、紅茶、ミルクから一つ選んでお願いできます。ルームサービスの場合、これらの多くが保温(保冷)機能のあるポットに入って届くため、例えばまずは子供に食べさせてから大人はゆっくり食事、とか逆に大人が先に食べてからゆっくり子供に食べさせる、なんて時間差のあるときにもそれぞれが適温のスープやジュースがいただけるのがうれしいのです。

なにより朝から慌ててお化粧しなくてもいいですしね。子どもと楽しめるホテルのおすすめルームサービス情報をお持ちの方、ぜひ教えてくださ〜い!

posted by こぐれっち at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

育児中も“旅したい”親が92%!

観光庁のアンケートによると、2歳以下の乳幼児がいる親たちの92%が「旅行に行きたい」と思っているのだそう。

この高い割合は子供のいるパパママも納得でしょう。しかしむしろ私としては残りの8%の人は旅行が嫌いなのか、子連れで出かけることに抵抗があるのか、それともそもそも子連れの外出を良くないものと思っているのか・・・そのあたりが詳しく知りたいです。

そしてあまり大きな声でも言えませんが、こんな話題があると確実に批判が集まるであろう掲示板(「2ちゃんねる」など)をチェックします。これから私が課題とすべきヒントがここにも提示されているだろうという考えからです。

「子連れ旅行」推進派の私のような仕事をしていると、周りに集まってくださる方はその考えに賛同してくださる方が多く、面と向かって「反対!」なんてけんかを吹っかけてくる大人は、なかなかいません。赤ちゃん連れが快適に旅行できることは、私自身も目指すところですが、その一方に批判的な意見があることも忘れてはいけないと思うのです。

「子連れ旅行」もポピュラーなものとなり、受け入れる側のサービスや施設も充実しています。子連れであるが故の不便さはずいぶん解消されてきているでしょう。とはいえ、どこに行っても子供が歓迎されるというわけでもありません。事実「子供お断り」とはっきりと前面に出す施設もあり、でもこれは行ってから場違いなことにならずにすむので親切な例です。むしろ行ってから場違いなことに気がついたときの空気ほど辛いことはないです。そんなことを心配してか、81%のかたが子供ができる前と比べて旅行の機会が減ったと感じているのだそう。これは私もまだまだがんばらねばという思いが強くなる数字です。

また、業界的に子連れ旅行が注目されるひとつに「平日」の利用があげられます。今回の観光庁のアンケートでも親たちの62%は混雑する休日を避け、平日に宿を利用すると回答。小学校に入る前の子供はパパやママが休みを取れば、週末よりも安い料金ですいている観光地をゆったり楽しめます。これなら連泊もできそうですよね。

私としては、アーリーチェックインやレイトチェックアウトもうれしいですが、乳幼児連れがもっと連泊したくなるようなプランが増えるといいのではないかと思っています。移動も一苦労な乳幼児ちゃん。せっかく遠出したのに1泊では旅慣れないママには疲れのほうがたまってしまいそう。例えばパパがそんなに休めない、なんてときもママ友同士で気軽に2泊3日、そんな余裕ある旅がお得な料金で楽しめ、ただのんびりするだけでなく、滞在中には宿で何か親子で楽しめるもの、ママがリラックスできるなどのしかけがあったら、きっとママたちが旅行業界を活気付かせる日が近い将来やってくると思うんですよね。
posted by こぐれっち at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

今さらだけど、ツアーの比較って難しい

「子連れ旅行」の話題ではないのですが。

近日旅行ではなくちょっと野暮用?で出かけることになり、マイルをかせぐほどの距離でもない国内の近場なので、エア+ビジネスホテルの安いツアーを探すことにしたのです。

今はツアーも一度に検索して比較できるサイトがあるから便利。

しか〜し!・・・例えば19,800円〜、なんて飛びつくような価格のパッケージもよくよく読むと、エアの時間の指定で恐ろしいほど追加料金がプラスされるんですよね。条件を入力して安い順にソートをかけたら上位にきた17,800円のツアーでも、希望の時間帯を指定したら片道6,000円プラス×2(往復)とか。だったら往復プラス料金なしで25,000円のパッケージの方が安いわけでしょう。検索する段階で、希望時間帯を入力させて、それで価格を出して並べて欲しい!

と思うのは私だけじゃないでしょう〜

なんだかこうなると損したくないし、みたいな気持ちが湧いてきて、条件とツアー料金を全て見比べないと気がすまなくなり、結果(適当に予約しちゃおう)と思っていたのに小一時間費やしてしまいました。

後から冷静に考えたら、すごく無駄な時間を過ごしてしまったと後悔。どうにかならないのかしら、このシステム。
posted by こぐれっち at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

休日の高速が1000円で走り放題(ETC限定)の政府・与党案をどう思う?

政府・与党が休日の高速道路を1回1,000円の定額で走り放題とする新たな料金割引案を検討しているとの報道を目にしました(※ETC機器を装着している普通車が対象)。早ければ年内の実施を目指すのだそう。

ガソリン代が高騰して久しいですが、自分自身を振り返えると、最近気にしていないつもりでも、すっかり車に乗る機会が減っています。1,000円乗り放題になったら、たしかにレジャーに車を使う機会が増えるかもしれないな、と期待します。ですから基本は大賛成。

ただ、車に乗らなくなって、電車やバスなど公共の乗り物を利用する機会が増え、その便利さを見直す点が多かったのも事実。また、環境問題の観点からすると、車の利用が増えることを手放しで喜んでいいのだろうかという疑問も。難しい問題ですね。

果たしてこの案が実現されるのか。見守りたいと思います。
posted by こぐれっち at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

ストリートビューの是非

以前、アメリカ滞在中の友人ママと話していたときに、衛星写真や航空写真もすごいが、アメリカには「Googleストリートビュー」なるものがあるということを教えてもらい、実際に彼女達の住む通りから、家の外観などを見ることができて大興奮したことがあります。

「あの大きい木の後ろ?」「そう、その奥がうち」、みたいな会話が日本とアメリカにいながらできたことに感動。でも、犯罪使用やプライバシーの侵害など、アメリカでも賛否両論あるらしいと聞き、こりゃ日本で使われるのは難しかろう……などと話していたのに。登場しましたね、日本にもこの「Googleストリートビュー」。

現時点では、札幌、小樽、函館、仙台、東京、埼玉、千葉、横浜、鎌倉、京都、大阪、神戸の12都市に対応ということで、かなり限られたエリア限定のよう。早速都内にある自宅を検索すると、ビックリするほどリアルに我がマンションが現れ、とりあえず自分や子供達が写っていないことだけは確認。

人の顔は識別できない程度に画像処理されているそうですが、これ以外にも車のナンバーや、そもそも自宅を公開されたくないというような要望には対処してもらえるようなので、気になる方は早めにチェックしてみましょう!

楽しいことだけに使われれば良いけれど(実際、かなり興奮しますしね)、やはり物騒な世の中、不安の方が大きいような。子供をもつ母としては、新たな犯罪ツールとならないことを祈るばかりです。

Google ストリートビュー

posted by こぐれっち at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

続出・ガソリン代還元プラン!

夏休みに実家の父母と三世代旅行をしようということになり、いろんな宿の夏休みプランを物色していました。そこで目に付いたのは、自動車での旅行をサポートするプランが夏に向けて続出しているということ。

内容は様々で、例えば「宿ぷらざ」では、伊豆の宿を対象に、ナンバープレートの下2桁を足した数(例えば下二桁が47ならば4+7=11)が割引率になるプランがあります。下二桁が「99」のファミリー必見ですね(笑)一番多いのは、ガソリン代を一人当たり(or一室あたり)○リットル指定のGSで給油できるとか、○○円分キャッシュバックがあるというもの。

他、テーマパークに近いホテルで2日間の駐車(チェックイン前〜チェックアウト後の夜まで)が無料になるなど、とにかくこのガソリン代の高騰でマイカー派が旅行をためらわないようにという各社・各宿の切実な思いが伝わってきます。

でも、実際にこのガソリン代の高騰は今年の夏の旅行に影響を与えるのでしょうか。

……先日一緒に仕事をしたカメラマンさんとこの話題になったとき、彼は「確かに値上げは痛いですけど。でもミネラルウォーターの方がまだまだ高いんですよ。そう思うと、高いといってもリッターあたり数十円の違いだし、日常的に乗らざるを得ない人は別としてレジャーで利用するなら“高いけど仕方がない”って出すんじゃないですかね。」と話していました。たしかにガソリン代は痛い出費となりそうですが、だからといって便利なマイカーをやめて小さな子供連れのファミリーが電車を乗り継いで旅行するのか、というとやはりマイカー派はマイカーで動くんじゃないか、と私も考えていました。

が! 父に夏の旅行の話をすると「もう俺も年だし、今年は免許の更新はしないことにした。電車でいけるところにしてくれ。」と。え〜!ビックリですよ、もう。父は昔から車がないとどこにも行かないような人だったので。もちろん年齢的(70代)に限界を感じているというのもあったでしょうが、迷っていた父の背中をガソリン代の高騰が後押ししたのかもしれません。

車業界の方のお話を伺ったときにも、今後週末利用のファミリー層から車離れがおきるようだと、業界的にも先行きどうなるか分からない、との不安な声も聞かれました。

そうか。事態はけっこう深刻なんだな。とあらためて実感。ガソリン代還元プラン、大いに利用させていただきましょう!
posted by こぐれっち at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

おかえり!キャンディ(成田空港で落し物)

先日のサイパン旅行の帰路、長女が大事にしていた犬のぬいぐるみをどこかに落としてしまいました。

以前、那須を旅行中にお土産物屋さんで一目ぼれして彼女自身が欲しがったもの。名前も「キャンディ」とつけて大切にしていました。今回のサイパン旅行も「置いていきないさい!」というのを「キャンディにも海を見せてあげるの!」と主張。それゆえ無くしたショックも相当でした。
070329b.jpg

帰りの便では機内で変な体勢で寝ていたせいか、それともただ酔ったのか気分が悪くなってしまった娘は、前後の記憶が定かではなく、どこでなくしたのかも覚えていなかったのですが

パパ「飛行機から降りるときには手に持っていた。」
ママ「電車に乗ったときにはもっていなかった。」

の意見を合わせると、どうやら成田空港で落としたらしい。

そこでまずは成田空港の公式HPから落し物の問合せ先を確認。落とした場所によって3つの問合せ先に分かれています。

航空機内の場合。この場合は各航空会社への問い合わせになります。あとの2つは、入国前か後かで問合せ先が異なります。入国審査カウンターを通る前なら「成田税関遺失物窓口」、通過後なら「NAAサービスセンター」。

でも、どこなのか場所は特定できません。そこでまずは空港のインフォメーションに問合せました。落とした日時を告げると、入国後のエリアではそのような届けがなかったので、入国前かもしれないから「成田税関遺失物窓口」にも問い合わせるように言われました。

すると、なんとこちらでこの日それらしき落し物の届けがあったとのこと!


やったぁぁぁあ!


・・・が!しかし、

日がたっていたことがあり、既に成田空港警察署にうつされてしまったとのこと。そこで管理ナンバーを教えてもらい、警察署へ電話。たしかにそのような届けがある、と言われ再度喜んだのですが、「倉庫の方に保管していますので、とって来るから15分後ぐらいに電話してください。」と指示されました。特徴などを確認した後に、受け渡しの話になる、と。

その後数回電話したのですが、この落し物係(会計課)の電話が使用中のことが多いらしく(落し物をする人が多いのか !?笑)、結局4回目にやっと担当者につなげてもらえ、物の確認ができました。とはいえ、物は犬のぬいぐるみ。名前も書いてありません。大きさや色などと、その日落とした場所を聞き、まず間違いない、ととりあえず一安心。

じゃ、着払いで送ってくださ〜い♪で済むのかな、と思ったら、基本は引き取りに行かなくてはいけないらしい。まぁ、それはそうよね。しかしそれだけのために成田まで行くのは・・・と渋ると、「では書類を送りますので、そちらに記入し、あとは身分証明書のコピーを同封して送りかえしてください。」と言われました。

書類を送り返し待つこと数日。本日無事に手元に戻ってきました!なんだか一匹のぬいぐるみのために警察の方のお手を煩わせてしまい、申し訳ないような気もしますが、ここまでして戻ってくるぬいぐるみに私自身も愛着を感じます。なんだかディズニーのトイストーリー2の一幕みたい。

おかえり!キャンディ!長旅、お疲れ様!
070329a.jpg
「ハ〜、疲れたよ〜」(代弁)

皆さんも旅行中の落し物には充分お気をつけください。
posted by こぐれっち at 13:17| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。